2010年06月30日

日本、パラグアイ戦敗退。8強にもならず



 日本対パラグアイ戦は前後半決着つかなく、延長戦にまでもつれこんだかそれでも駄目で、PK戦でパラグアイが勝利した。
これでアジア組は全滅し、W杯は欧州組と南米組の一騎打ちになる。

高すぎる世界の壁

試合終了後の日本代表選手達の悔しい涙が印象的だった。
しかし全力を出し切った感じがよかった。
選手達はよくやったとい言うべきであろう。
少なくともW杯終了後少しはJリーグは盛り上がるだろうし、四年後のW杯にもつながるだろう。
4年前よりはすこし前進した感じだし、少なくとも内部紛争で自滅に近い形で終わったフランス代表よりははるかにましな展開である。
これでW杯4強めざすなんて言わなければもっと感動しただろうけど。
今回日本の決勝T進出はサプライズ(デンマークにとってはアクシデント)みたいな物だろう。

ここはあえて非難されるべき

日本代表はある意味恵まれている。
これがブラジルやイングランドだったら、決勝トーナメントまでいけても負ければ自国民に痛烈に非難されるからだ。
本当なら日本代表はマスコミにもっと非難されるべきである。
なぜならオリンピックのアマチュア選手ではなくプロだからである。プロは金をもらってプレイする。よって観客を感動させなくてはいけない。当然いいプレイができなければ非難されるのは当然であって、それもギャラの中に含まれているはずである。
W杯とてショービジネスなのだから(2010年の放映料は全世界あわせて約200億円動いている事を考えてほしい。これでもプレミアリーグの放映料の約10分の一なのだか…)
サッカーを本当に愛しているのなら鞭を打つ必要はあるのではないだろうか?

あまりサッカーに詳しくない私だか、これだけははっきり言いたい。
ここで「ここまで来たからもういいや」「決勝でれれば十分」と自己満足するのか?。それとも「やっぱり勝ちたい」「優勝してカップを持ち上げたい」と悔しさをバネにしてさらなる高みをめざすか?。この二択で4年後のW杯で日本代表の行方が決まるだろう。

岡田監督は公約通りW杯4強に入れなかった。彼もプロである以上その責任が逃れられないはずである。
中途半端な同情が本当に日本のサッカー界にとって本当にいい事なのだろうか?
すべては選択しだいである。
posted by Z at 12:22| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

ドイツ、大英帝国破る



さすが3度の優勝と4度の準優勝した欧州屈指の強豪チーム。
これで15大会連続準決勝進出というのだからうらやましいかぎいです。
日本なんか決勝トーナメント行くのかやっとというのに…

この試合で前半38分イギリスのフランク・ランパートが放ったシュートが認められなかったのが不思議だか、仮に認められていたとしてもドイツの勝利には変わらなかったであろう(気持ちの問題もあるが)。

そういえばドイツは前回も3位だったし、カーンなど優秀なキーパーを輩出しているし。
なんていったって男子だけじゃなく女子チームも強く03年と07年は二連覇しているというからすごいですよね。

日本もここまでサッカー強くなってほしいな…。
posted by Z at 11:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

2010年ミディの会 結果報告

13.jpg某県某所で先日ミディの会が行われました。
いつもの同じ店でいつもと同じ焼肉を囲って、それぞれの近況報告。
みんなそれぞれの職場で大変なんだなと思いました。
そんな中、私の報告。

11144.jpg最近車買いました。
スカイラインGTS。
写真は同型車。
この車を買って私の尊敬するグロミディさんに見せにいったら「心が痛い…」とその場で泣かれてしまいました。なんで!?。
いいじゃん。見た目かっこいいし、ナビあるし、ターボ搭載なので運転すると速い速い!!。
中古車の人たちに値切って買ったものだか、よく曲がるし、広い車内だから荷物載るし、いい車です。
最初この車のあまりの馬力にびびっていたが、夜な夜な湾岸を走りこむうちに慣れてきました。
一回スピード違反で2点原点もらったが、制限速度は守ってますよ(たぶん…)。

 その後はいつものごとくヌマミディさんとガワミディさんが野球話。
それにしてもこの二人の野球熱はすごいな〜と思います。
この焼肉の炭よりも熱いんじゃないかと。
まあお相撲さんが賭博までして名古屋場所が開催するかどうかわからないまで発展しているんだから、国民のプロ野球人気は高さを証明しているといえるだろう。

Z「ロッテ2位だから調子いいんじゃないの?」
ガワミディ(以後ガワ)「いや、もう投手陣がボロボロだから駄目だろう」
Z「と、いう事はやはり元巨人軍の西本コーチが悪いという事ですね」
ヌマミディ(以後ヌマ)「いやそんな事はない!。彼はよくやっている!!」
Z「だって西本って、現役時代皆川コーチと対立したで有名じゃん。そんな奴がまともにコーチできるの?」
ヌマ「いや、あれは皆川が悪い。あっそうだ。サッカーよかったよ」
なんでサッカーの話になるの?
Z「そういやサッカーどうなったの?」
ガワ「あんた知らんのか?」
Z「だから近況報告したでしょう。今毎夜のごとく湾岸走ってるんだってば!」
ガワ「勝ったよ日本が、3−1でデンマークに!!」

ええっ!?。勝った!?。あの日本が!?。絶対ありえない!!。
だか次に彼らのでた台詞はあまりに衝撃的だった。
ヌマ「俺は岡田監督を信じてたよ!!」
ガワ「俺も!!!」

嘘付けよ…。前回ミディの会では「日本オワタ」「4年後に期待しよう」とか言ってたじゃないか…。
私個人の意見としては中国、北朝鮮共産主義の脅威よりも読売・朝日・そして彼らの日和見主義の方がもっとも脅威なんかじゃないかと思うのだか…。

その後岡田ジャパンを褒め称える話を延々聞かされた私の心にアンチオカダの気持ちがますます膨らんでいった。
Z「ええい、やかましい!!。どーせまぐれ勝ちだろー!!」
ガワ・ヌマ「なんだとー!!(怒)」
だってそうでしょう。相手はランキング26位のデンマークですよ。日本はさらにずっと後方で、何位かもしらない。
サッカーの神様がいたら間違えてサイコロ振ったにちがいない。その方がしっくりくる。

各マスコミはあんだけボロクソに叩いていたのに、今では岡田監督と選手達は英雄扱い。監督交代話はどこへ蹴り飛ばされたか?。

とにかく決勝トーナメントにでれた。だかW杯4強が最終目標である。そこまでいかないかぎり俺は絶対認めないぞ!!
posted by Z at 15:17| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

日産・ゴーン社長の報酬8.9億円

いやーみなさんおひさしぶり。
最近仕事いそがしくなっちゃって、あとプライベートでの変化もあってプログ書く時間なくなっちゃったんです。
でも暇ができた時には書きますのでよろしくです。

今回復帰第一回の記事は、日本最強の経営者カルロス・ゴーン氏の報酬が8.9億円になった事。

8.9億円は安すぎ

一般の人から見ればこんなにもらっているの?。とか、もらいすぎなのではと思う人が言うのだろうが、私はこれでも安すぎだろうとはっきり言える。

日本の大手自動車メーカー日産と欧州を代表する大手メーカールノーの最高責任者も兼任し、日本とフランスをいったり来たりしている大変な人なのに、しかも今期は約400億円の黒字決算にもっていったすごい人なのに、報酬は二社あわせて8億円という事は一社あたりわずか4億円?
決して多いとはいえないのでないだろうか?

火消しとしての経歴

 フランス陸軍管轄で多くの優秀な技術者を輩出しているエコール・ポリテクニーク出身のゴーン氏は、姉の紹介でミシュランに入社する。
7年後にミシュラン・ブラジル社長になるが、当時ブラジル経済はスーパーインフレで年1000%以上記録していた。
しかもミシュラン・ブラジルは年215億ドルの負債をかかえ、工場ではストライキもおきていた。
そんな中ゴーン氏は必死に建て直しをはかり、4年後の黒字転換になる。
その後ミシュラン・北米に転勤になり、ユニロイヤルと合併しグットイヤーの牙城を叩き落す事に成功する。
その経歴を買われ、ルノーからヘッドハンティングされる。
ルノーは当時過去10年ではじめての赤字になるという危機を迎えていた。
彼は「200億フラン」計画を発表し、サプライヤーを大幅に減らし、ベルギーのビルボルト工場を閉鎖した。
ベルギー工場閉鎖は外国問題にまで発展し「火星人ゴーン」とまで言われ非難をあびたがやりとげ、翌年1000億円の黒字転換になり成功する。

日産と合併

ちょうどその頃ダイムラーとクライスラーが合併し、自動車業界の勢力図が大きく変わろうとしていた。
ルノーも生き残りをかけてどこか提携先を検討に迫られ韓国か日本のメーカーにターゲットをしぼった。
そして北米・アジア市場に強い日産を選択した。
当時日産は1兆4000億円の負債を抱え込み、ムーティーズも日産の信用格付けを落とそうとしていた。
そこにルノーは資本を投下、ゴーン氏を送り込み「リヴァイバル」計画を発動して村山工場を閉鎖、サプライヤーを減らし、いすずからカーデザイナーの中村史郎氏を引き抜きブランド力を高めた。
こうして翌年からV字回復になり、現在の日産がある。

この日産の建て直しでは、評論家の間では誰でもできたなど言っているが、これこそコロンブスの卵であり、正当な評価とはいえない。
実際日産にもこのリヴァイバル計画とにた再建計画があったが、しがらみなどあって困難だったのである。
よってゴーン氏が成功したのも偏見など囚われずに出来たからである。

即断即決

 ゴーン氏のすごい所は即断できる所である。
もちろんヤケなどではなく、計算されたリスクの上での事。
GT−Rの開発責任者水野氏(ホリデーオートの記事)によれば、GT−Rの開発費用に数億円要求した時ゴーン氏は「それで行きましょう」とすぐに決断したという。
もし日本人経営者ならまた役員会をひらいて、あーでもないこーでもないと無駄に時間だけたっていったであろうと書いてあった。
という風に大事な決断を即決できる人物である。
しかしワンマンではない。
リヴァイバル計画発動の時、もしこの計画がうまくいかなかったら自分を含め役員全員退陣すると責任を明確に打ち出している
このように自分で決断した以上責任から逃げないのも彼の魅力である。
これが日本人経営者だったなら親方気分で叫び、大きいトラブルが起これば部下のせいにする。
一番いい例が読売新聞のあの老害で有名な渡辺会長だろう。
「俺は将来社長になる人物だ。俺には優秀な社員は必要ねぇ!!。俺の言う事を聞くだけの無能者で十分だ」と叫んだそうだ。本当にそういったかどうがしらないが、少なくともこの人の下では死んでも働きたくないですねだから読売と朝日が日本を駄目にしたと当ブログは自信をもって主張する)。

もし日本経済を本気で蘇らせたいのなら、海外で優秀なCEOを沢山つれてくるしかないのではないだろうか?。
posted by Z at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | カー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。