2011年04月11日

F1マレーシア ベッテルが2連勝


ベッテルが圧倒的強さで2連勝をあげた。このまま順調にすすめばシーズン途中で彼が優勝をきめてしまうだろう。

一位以外は順位変動が大きくかわる

 このレースの特徴は1位以外は大きく順位が入れ替わっている事である。
予選2位だったマクラーレンのハミルトンは接触やペナルティによって大きく後退。反対に同じチームメイトのバトンが上位に進出した。
またロータス・ルノーのセカンドドライバー会長ニックがすばらしいスタートを切って上位に食い込んだり、シューマッハとカムイがはげしいバトルをするなど1位以外レース展開はおもしろかった。
 同じレッドブルのマークはKERSを使っていなく、というよりは使えなかったのかもしれないが、大きく順位を後退。それでも終盤意地をみせてニックと激しい3位争いをした。
われらがカムイはシューマッハをこのレースだけで3回もオーバーテイクをするなど日本のファンをおおいにわかせた。

 結果1位ベッテル以外ではに2位はマクラーレンのバトン、3位は以外な事にロータス・ルノーのニックが入った。今年のロータス・ルノーは車のカラーとおりダークフォースかもしれない。
カムイはシューマッハを追い抜きみごと8位。後にハミルトンがペナルティで順位降格したため7位に昇格。今年ザウバーにやっとポイントをあたえる事になった。

20110410-00000006-fliv-000-0-view[1].jpgレッドブルの事情

 レッドブルのベッテルは強い。強すぎる。スーパーGTでたとえるなら一人だけGT500のマシーンで走っていて、他全部がGT300みたいなものである。
だかF1もショービジネスである以上、F1のボスバーニー・エクレストンがそのうちこうぼやくだろう「ベッテルの圧勝はF1にとってよくない事だ」。この台詞はかくてブラウンGPのバトンが首位独走していた時の台詞をかえてつくってみた。バーニーはつねに売り上げしか見てこないので今頃そんな悪態ついているだろう。
 
 そんなレッドブルでもKERSは問題のようで、記者会見の時ベッテルは「KERSは使えたりつかえなかったりする」と動作不安定を口にしていた。これが本当だとすればチームメイトのマークがKERSを使わなかった理由がわかる。というより使えなかったのだろうと推測できる。
もしレッドブルのKERSが安定して使用できるようになれば、マークがベッテルを追い詰める展開になるかもしれない。それはレッドブルの黄金時代の幕上げであって、かえってF1人気の低迷につながるかもしれない

20110410-00000072-jijp-000-thumb.jpg今年はタイヤが肝

20110411-00000012-rps-000-0-view[1].jpgそれにしても近年こんなにタイヤ交換したレースは見たことがない。
マクラーレンのハミルトンは接触あったせいもあるが終盤ハードを二回も変えている。他のチームも同様だかカムイだけはピット回数を2回のみにさせている。
これはカムイのタイヤマネージメントが優れているともいえるが、他チームよりピット回数が少ないのに8位で終わったのはなぜか?。残念ながらタイムが少しだけ遅いのである。たしかに各所にてシューマッハやマークをオーバーテイクで抜いてはいたが、タイヤがタレているからか、マシーンかドライバーのパフォーマンス不足か、原因がどこにあるにせよタイムをあげていかなければせっかくのピット回数を制限しても上位に食い込めないだろう。それがカムイの今後の課題になるだろう
実際の所、ピット回数が他チームより多くても、タイムが上回っていれば交換に必要な時間も問題ではなくなるのである。これがF1の摩訶不思議な所であり、レース戦略の醍醐味でもある。こういう戦略を立てるのはブラウンがいちばんうまいのだか、どういう訳かメルセデスはいまいちかみあっていない模様である。

 マレーシアでは日本人ファンも少しは納得のいく展開になったと思う。できればこのままベッテルの独走はあまりおもしろくないので、波乱の展開になってほしいと思う。筆者の描くストーリーとしてはシューマッハのタイトル王手とかカムイの真ん中の表彰台とかあってほしいのだか…。

次回は来週日曜日大気汚染の厳しい新興国中国GP
posted by Z at 22:28| Comment(3) | TrackBack(0) | カー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

統一地方選挙にいく



 またあのがめつい顔を見るのかとうんざりする。
芸能人の弟の尻にのっかってここまで出世した人になぜ都民はゆだねようとしているのか?。
太平洋戦争の亡霊みたいのが都庁に居座っているのになぜ人々は危機感を感じないのか。それとも都民は自分たちが戦わないからこそ、過激な発言で名をうっているこの人に政権を委ねようとしているのだろうか?。

 今日はいい日和なので選挙に行ってきました。
というか、投票にいかない奴に今の日本の政治に文句言う権利はない。
自身の生活にかかわるので、ちゃんとネットなどでこの政治家はどのような思想があり、どういう考えをしているかを確認した上で、投票にいくべきである。

 筆者は上記の事をしたうえで考えた。
まず民主。かれらが第一党になった時多少は期待したが残念だ。特に菅政権はかつての自民と同じでがっかりである。
自民はありえない。彼らに投票するのは時代の逆行である。第一彼らがマニフェストを守った事など一度もない。
公明は論外であり、共産党は筆者が共産主義じゃないからだめ。
そうやって消去していくと、残ったのが無所属となる。
そこで上記で記したサイトがより重要になるわけである。

 今回は地元でよくしった人に入れる事にした。
よく町内会でも掃除とか活動しており、政治思想は少々異なるが理性的であり、何より漫画文化を理解しているという貴重な人なのである

はたして彼は今回当選しただろうか…。
posted by Z at 21:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F1 マレーシアGP PPはまたベッテル


20110409-00000001-spnavip-000-0-view.jpg赤道直下の熱いサーキット、マレーシアGP予選が行われ、PPはやっぱりレッドブルのエースのベッテルが取った。やはり波にのっている男は違う。
二位はタイトル奪還をひそかにねらうマクラーレンのハミルトン。3位はレッドブルのマーク・ウェバー、4位がマクラーレンのバトンと続き、今回マクラーレンは予想に反して速いのでレッドブルのライバルになりそうだ。
そして5位にフェラーリのアロンソが来ている。予選後アロンソは「速さが足りない」とくやしがっていたから、フェラーリは何かが足りなくて苦しんでいるようだ。タイヤとの相性が悪いのか
?、KERSがうまく機能しないのか?、ダウンフォースがたりていないのだろうか?。
何気に上位にくらいついているのがロータスルノーのセカンドドライバー会長ニックが6位。9位にメルセデスのニコ・ロズベルクが来て、10位にわれらのカムイが来ている。その後ろはまたメルセデスのシューマッハである。二回連続でシューマッハより速いタイムを出しているので、やっぱり今年は期待してもいいのではないか?。

 ベッテルはコメントで「KERSのおかげでPPが取れた」と言った。レッドブルは初めてのKERSで好調のようだ。しかしレースは長期戦なのでいつトラブルが出るかわからない。
 カムイは前回失格処分になったのでマレーシアGPを屈辱戦と位置づけている。「チームのおかげでだんだん速くなった」とマシーンと自身も好調である事をアピールしている。

 さてレースはどんな展開になるのやら。すべては天候しだいである。
posted by Z at 10:34| Comment(2) | TrackBack(0) | カー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

チーム楽天 東北の為に

bbl11040921390015-p3.jpg楽天がQVCで練習  被災地訪問で闘う姿勢新た

 楽天が開幕戦QVCマリンフィールド全体練習を行った記事である。
本拠地仙台から5時間半もかけて移動したにもかかわらず3時間の練習とは、つくづく野球選手もタフだなと思う。
 しかし被災者達の期待を胸に、熱い思いをたぎらせて練習にはげむ彼らに自然とエールをおくりたくなるのが人というものだろう。
それは阪神淡路大震災で人々がオリックスの選手たちにおくったそれと同じなのかもしれない。

bbl11040812320001-p1.jpg被災地を見舞う星野監督。自衛隊員達を前になんかえらそう…。
 元中日の監督で、ドクターストップで辞任し、その後に阪神、そして楽天の監督になった。何年監督やるのかわからないが、パリーグの注目される監督になるだろう。
 斉藤選手の日ハム入団、ロッテの二連覇などなにかと話題の多いパリーグ。
今年のプロ野球はパリーグが熱い


 
posted by Z at 23:53| Comment(4) | TrackBack(0) | カー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

東日本大震災 オペレーション「トモダチ」

images06.jpgオペレーショントモダチと聞いてものすごい違和感を感じた。
国家に真の友人はいないという外交のマキャベリズムと相反しており、かえって胡散臭い気もする。しかもトモダチと聞いて最初に想像したのが左のこの男。
それに異性から「彼、ただの友達よ」といわれショックを覚えた男性は数多いだろう…。
作戦名は気に入らないが、規模は過去の災害救助オペレーションでは最大級になった。

20113131941241VI7V.jpg米海軍第三艦隊所属ニミッツ級原子力空母「ロナルド・レーガン」。
 「ロナルド・レーガン」が太平洋沖にいたのは単なる偶然だった。緊迫する中東情勢に「ジョージ・ワシントン」がインド洋に出撃しており、その空白部分を埋めるため第三艦隊所属の「ロナルド・レーガン」が東太平洋から第七艦隊担当海域に入ったのが3月10日。翌日11日に震災がおこり急遽東北沖に向う事になったのだ。

 2000億円の費用と5千名のクルー、艦載機150機搭載し、核兵器をも搭載したちょっとした小国並の戦力を保有する「ロナルド・レーガン」空母戦闘団は米国を守る切り札である。
それだけに米国の、今回の日本の震災の関心が大きい事がわかる。

images10.jpg「ロナルド・レーガン」から飛び立つSH-60シーホーク。このヘリは本来対潜哨戒用であり、敵の潜水艦を見つける事が任務である。
今回津波で孤立した被災地に救援物資を送り届けるのに貢献している。海上で補給の拠点となって被災地を支援できるのが空母の強みである。

ee167137-d16c-4bed-8c79-3b1cb48f52a9_l.jpg被災者といっしょに瓦礫の撤去を手伝う米海軍の水兵。新型のデジカモ迷彩を着ている。被災者は紳士的で親切だとほめていた。やはり海軍はどこの国でもスマートである。

5533772913_53ec7877c2.jpg米軍の揚陸艇に敬礼する陸上自衛隊員。米軍の揚陸部隊は優秀で、どんな過酷な環境でも部隊を上陸させる能力を有している。
特にホバークラフトなど使った土木機や物資の支援は協力で、これは過去米軍が他の国での災害の経験があるので、自衛隊よりも効率がよくスピーディーに展開している。
米軍はつい最近アジア各国との共同軍事演習「コブラ・ゴールド」(自衛隊もオブサーバーで参加した)を行った直後でもあり、訓練メニューに災害救助もありその経験が生かされていると思われる。

images07.jpgオペレーショントモダチ用ワッペン。雑誌「航空ファン」の編集者が米軍の知り合いのために作ったらしく、部隊に気に入られどんどん作られている。日本国内でもチャリティーとして販売されている。
筆者はどうしてもほしいと思っているが入手が困難になっている…。

dst11040108040013-p1-thumbnail2.jpg福島原発災害にも大きな作戦が展開されている。イラストのように無人偵察機クローバルホークで被害状況をリアルタイムに長時間観察でき、C-12やUH-1ヘリで放射能を探知し、バージ船から原子炉に真水を送り込む事ができる。さらに対NBC部隊として数百人が対応している。

 かつて阪神淡路大震災の時、当時村山政権は米軍の支援を拒絶し、その結果被害拡大を招いた。
その愚をおかさなかっただけでも民主党はただしい判断をしたと思うが、米軍の手際のよさには舌をまく。
今回の米軍の活躍は特筆すべき物があり、仙台空港復活させるため米海兵隊を最初に展開させ、滑走路の半分だけ土砂を片付けさせ、土木機材をつんだ短距離着陸用輸送機で強行着陸。土砂や瓦礫をいっきに取り除きわずか数日で仙台空港を復旧させた。
こういうまねはさすがの自衛隊にもないのだから、米軍の技量のすごさも垣間見れる。

p3.jpgこの災害で米軍の好印象を日本人に植えつける事に成功しているだろう。
私も米軍には感謝している。
だからといって沖縄の人々が苦しんでいいとはならない。
国土防衛は日本人全員の問題であり、一部の地域だけ負担させてはならないのである。
これからも米国と友好的につきあっていくために議論を続けるべきである



posted by Z at 20:54| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マレーシアGP開幕。勝負はまた水の中か?



 ついにマレーシアGPが今日開幕した。
前回のオーストラリアGPはいろんな意味で失望した。
ザウバーの失格は日本人としての私としては非常に残念である。
あの可変リアウイングはあまりオーバーテイクに貢献していなかったし、KERSは力不足で搭載していないレッドブルが圧勝するのも当然である。
ディフェンディングチャンピオンであり、レッドブルのエースであるベッテルは「本当の戦いはこれからだ」と気合十分。メルセデスのシューマッハとフェラーリのアロンソはベッテルの速さを認めつつも「巻き返しなら十分ある」と強気のコメントを発している。

33977_402.jpg一方我らがカムイ所属のザウバーは、前回オーストラリアGPでスチュアートから車両規則違反で失格処分になったのを不服を申し立て控訴しようとしたが、パーツが製造過程で規則の数ミリを満たさなかった事から断念。
一時エンジニアのジェームス・キーを解雇する噂が流れたが、ザウバー本人がきっぱり否定。
 ザウバーチームは新しく製作したリアウイングを手持ちでマレーシアに運んだらしい。
それにしてもレース前の車検でOKだったのに、それか覆されるというのはなんとも納得いかない。だかそれがF1。F1は他のスポーツと違い金と政治がすべてである。
33837_402.jpgカムイは「この悔しさ必ず次にぶつけます!!」と雪辱を胸にマレーシアに乗り込んできた。
失格になったとはいえ8位入賞は幸先のいいスタートである。さらに悔しさを力にかえてどんどんオーバーテイクして上位にからんでくれればいいなと筆者は思う。

images.jpg勝負はタイヤしだい

写真はピレリのタイヤである。それぞれ色分けされており、一番左のオレンジがウェットタイヤである。
ピレリは短期間にこれだけのタイヤ開発をしてきた。だか一番不安なのがあのオレンジのウェットタイヤである。これがどれだけ水をはじき、グリップ力があるのかまだチームは知らないのである。
たしか私の記憶ではザウバーチームだけか幸運にもウェットタイヤを試す機会があり、若干ながらデータがあったはずである。だか他のチームは試した所もあるらしいがデータらしい物はほとんどないのである。

マレーシアの天候はほんとうにきまぐれで、レーダーで雨雲があつまっても振らなかったり、午前中快晴でも急に雲があつまって、信じられない集中豪雨をサーキットに降らす。
ここで何回赤旗がでて残念な結果になったかわからないくらいあり、BS泣かせのサーキットである。
またF1ボスのバーニーが欧州時間にあわせて夕方レースをやらせたかっていて、その為夕立がふりやすくチームやドライバー、またはプロモーターをイラつかせている

もし雨が振らなければ、オーストラリアより熱い気候がピレリのタイヤのタレ等に影響をあたえるだろうし、振れば想定外のドラマが待っているだろう。
はたして運命の女神はどのチームにささやくのだろうか?
posted by Z at 08:34| Comment(3) | TrackBack(0) | カー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

劇G復活!!

sgtpluslg.jpg二年前、テレビ東京で惜しまれつつなくなった番組が再び復活する。
 スーパーGT専門の唯一の地上波だった番組が「GTプラス」となってパワーアップするのだ。
これでまたスーパーGTのドライバー達がレースでどう活躍するかわかりやすくなるだろう。

 昨年フジテレビでスーパーGTのレース番組を放映していたが、時間もまちまちで、しかも昨年災害で富士が中止になったのでよりドライバー達が遠くに感じてしまった。
だか、これで毎週レースを確認する事ができるようになるのでスーパーGTファンにとってはうれしい事なのである

12.jpgあの小島アナを中心に若手人気俳優の中尾明慶さん、浅田舞さん、斎藤ゆきさん(この三人は具体的にどういう人か知らない)となり、また夜にやるという事から、昼間に行われたレースの結果がわかるかもしれないのだ。

今年はF1もレースが19戦となり、重なることが多いが、こちらをメインに応援していきたい
posted by Z at 21:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。