2009年12月17日

F1 小林可夢偉 ザウバーのシート獲得

7162_thumbzoom.jpgTDPの可夢偉、ザウバーと2010年のレースドライバー契約

 まずはおめでとうと言おう。
あのアグレシップな走りが来年見られると思うと、わくわくする。
ザウバーが関心をもっていると以前噂があったが、本当に関心あったとは思わなかった。
すくなくとも来年は日本人選手0でないことは確定したようだ。

 可夢偉選手は第10戦ブラジルGPからデビュー。
バトンと激しいバトルをして、徹底してガートした。バトンもかなか抜けないので無線で審判にいちゃもんつけてやっと抜かせてもらったほどだ。
後にこれは議論となったが、ポイントリーダーをあそこまで追い詰めるとはあながち大物の素質があるかもしれない。

 可夢偉選手はGP2でアジアリーグを優勝したもののそれっきりで、成績もあまりいいとはいえなかった。だか、USF1のウィンザー氏が指摘しているようにGP2のマシーンやレギュの影響もあり、成績=素質ではないようだ。
それをブラジル、つづくアブダビで見せていた。

また可夢偉選手はトヨタチームにいたときも英語で打ち合わせており、しかもチームの中心で発言していた。チーム内でしっかりコミュできるのも強みがある。

7195_thumbzoom.jpg今回ザウバーが彼を獲得したのはくるしい財政事情があるからだろう。
BMWが撤退した後、メインのスポンサーもヴァージンレーシングに移ってしまい、スポンサーがない状態。
第一トヨタの後ろ盾がないにもかかわらず、彼を獲得したのだから、やはり契約金が安いからだろう。だか実力も認められたのも事実だ。

今季のBMWの戦闘力のなさから来季のマシーンは期待もできそうにもない。だかそれでも走って結果を残さないといけないのがドライバーの務め。
シートは獲得できたものの、来季の可夢偉選手の挑戦は厳しい物だといえそうだ。

posted by Z at 22:25| Comment(2) | TrackBack(0) | カー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 これで来季もF1ネタが書けるじゃないですか。あとはタクと中嶋ジュニアもどっかに乗れれば、ですね。
Posted by 初瀬104 at 2009年12月18日 19:07
>初瀬様
今年は本当にF1はだめだめでした。
サーキットの事より、その裏の政治やスキャンダルばっかりネタになって、しかもFIA(国際モータースポーツ委員会)は金、金、金ばかりしかしない。
おまけにマックスは会長やめても、その子飼いのトッドがなるし。
来年もスキャンダラスな年になるなと思うだけで、記事として書きたくなくなりますね。
いっそ日本GPもなくなってしまってほしい…。
Posted by Z at 2009年12月24日 07:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135911501

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。