2011年07月19日

石原氏再び暴言を繰り返す。「日本の原発も核兵器も必要」



 この記事では東京都都知事の石原氏が原発と核兵器が必要だと訴えている記事である。
この記事を今回検証してみようと思う。

 原発について

 石原氏は「管理さえしっかりしていれば、コストの面で、非常に安い電力を供給できる」と主張。さらに「これから選挙の時に、原子力発電所に関して一種のヒステリーが起きると思う」
電力供給の4分の3以上を原発でまかなっているフランスを例に挙げて「フランス人に出来ることがなぜ日本人に出来ないのか」まで発言しました。

 まず「管理さえしっかりしていれば…」ですがしっかり管理できないから各地の原発で問題がおこっているのではないでしょうか?。
管理が行き届いていないから今も大地や空気、海洋まで汚染されつづけているのではないのでしょうか?。
一部報道では今も原発の汚染水が海にもれており、ある研究者の発表では5年後に米国西海岸にまで達するといわれている。
また地震の多いわが国にどうやってしっかりとした管理を根付かせるというのか?。
「フランス人に出来ることがなぜ日本人に出来ないのか」という発言はフランス人を馬鹿にしていると取られかねない発言だ。フランス人は大国主義だか、日本人と違い柔軟で聡明な考えの人が多い。そのフランスでは先月原発にたいしての国民投票があり、段階的に撤退する案が可決されたばかりである。フランス人でさえ段階的に撤退が可能と考えているのなら、我々日本人もそう考えるべきなのではないだろうか?

 「バイオマスは日本ではコストが高すぎる。太陽光はそんなもので、日本の産業はとても支えられない。風力発電は日本では案外効果が薄くて、特に落雷が多いので、すぐに壊れる」と発言しているが、今までの日本のエネルギー政策で本格的に自然エネルギーを開発した事はただのひとつもない。それは今まで原発依存だったので、国のというより原発によって利益を得ている人に大きな利害になるため積極的に行われてこなかっただけである
 すでに被害が起こっているのに「ただのヒステリー」と決め付け現実を見ようとしない石原氏は年取りすぎたので、こうして昔の考えにこり固まっているのである

 核武装について

 石原氏は「日本は核兵器を持つべきだと思っています」と続き、「持ったって、絶対に使えない。しかし日本が核兵器開発のためのコンピュータを使ってシミュレーションするだけで、日本の存在感は変わってくると思います」と主張し、最後に「日本みたいな国が、世界でどこにありますか。北朝鮮、ロシア、中国とこんな間近に日本に敵意を持った国が3つも国境を接してある、こういう危険なシチュエーションにある国は世界中に日本しかないと思います」と説明した。

 まず核武装について、「持ったって、絶対に使えない」と発言していますが、絶対に使えないのなら所有する必要も開発する必要もないのではないか?。核武装すれば敵が侵攻してこないという保障はどこにもない。また国を守れる保障もない。むしろ先制核攻撃される可能性もあるのだ。
 
 「北朝鮮、ロシア、中国とこんな間近に日本に敵意を持った国が3つも国境を接してある」と発言しているが、彼が今までこれらの国の人々と直接対話した事がただの一つない。
彼自身対話しても無駄と考えているのか、それとも対話する必要を感じていないかのどちらかであろう。

 こんな状況でさえ核武装が必要といえる石原都知事はある意味すごいなと思えるが、もっとすごいのはこんな都知事を選んだ東京都民もすごいといえる。という事は都民の多くは彼と同じ意見という事になるのだろうか?
もし、原発に賛成なら新しい原発を東京都に誘致すればよろしいだろう。ついでに核兵器開発に必要な原子炉もそこに建設すればいいでしょう。今日本中で一番電力不足でなやんでいる地域は東京なのである。

 またこんな政治家いるとは石原氏の言葉を借りれば「日本みたいな国が、世界でどこにありますか?
posted by Z at 07:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読売の正力や中曽根元総理につながる自民党の原子力推進派(族議員)そのものです。民主党に移っても変わらない西岡参議院議長や鳩山元総理も「地下原発推進議員連」を再び立ち上げて行動に移るそうだ。100年は地元に帰れない福島県の地元民にお詫びもせず、現政権の対応が総て悪いと書くメディア。 イカレテルゼ
Posted by boss at 2011年07月20日 09:26
BOSS様
コメントありがとうございます。
またよろしくお願いします。
Posted by Z at 2011年07月21日 21:52
日本人は広島や長崎に原爆を落とされて、核の怖さや戦争の愚かさを知って戦争を辞めたが…もし、どこかの国に恨まれて無抵抗でやられる位なら兵士を育てて、武器や核を作ってもよろしいのでは無いでしょうか?

一方的にやられるのはお人好しすぎると考えます(´・ω・`)
Posted by A at 2011年07月24日 02:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/215539378

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。