2011年08月01日

F1第11戦 ハンガリーGP バトン200戦目で優勝。カムイ無念の11位

20110801-00000003-fliv-000-0-view.jpgハンガロウサーキットは別名ミッキーマウスサーキットと言われている。高速コーナーが多く、逆にストレートが少ないのが特徴だ。
 
 2011F1第11戦ハンガリーGPはまた小雨がふり、ドライの状況で開催された。
PPのレッドブルのベッテルがトップをキープしていたが、周回とピット戦略でマクラーレンのハミルトンに抜かれる。
 レース序盤でメルセデスの皇帝ミハエルとニコが飛び出し一気に順位を上げるが、後にミハエルはリタイヤする。
 
 中盤、ロータスルノーのニックの車がピット出た直後に炎上するトラブルがあったもののそのままレースは続行され、上位陣はハミルトンとバトンの同チーム同士の激しい接戦が展開された。

20110801-00000003-fliv-000-0-view.jpg結局最後はマクラーレンのバトンが制して優勝。ベッテルはフェラーリのアロンソを抜いて2位、3位はフェラーリのアロンソとなった。ハミルトンはスピンして順位を落とし4位、その後レッドブルのマークが5位となった。
小林カムイは一時7位まで浮上したが、タイヤが悪化したのかそれともマシーンのパフォーマンス不足なのか順位をさげ11位にとどまるのがせいいっぱいだった。

ついに三つ巴

 レッドブルのエイドリアンの恐れてきた事態になった。銀の帝国マクラーレンと赤い跳ね馬フェラーリの旧二大帝国が前半戦終了間際に追いついたのだ。
今回のレースほど首位の順位が激しく入れ替わった事は久しぶりのような気がする。
 マクラーレンは今回恐ろしく早かったし、レース中盤でのバトンとハミルトンのバトルにベッテルやアロンソも加わって大接戦だった。

 マクラーレンは十分に戦闘力を回復したと思っている。バトンとハミルトンは早くなっていて、ベッテルには大きな脅威だろう。
 フェラーリはアロンソが唯一の希望だろう。マッサも十分に速いが、それでも十分とはいえない。

20110801-00000004-fliv-000-0-view.jpgレッドブルのアドバンテージもついになくなった。後半戦は古いサーキットやナイト市街戦などがつづき、オーバーテイクしにくくなる。ミスやムラなく走りこめる事ができるのか勝敗を左右する事になるだろう。
 このままレッドブルは逃げきる事ができるのか?。それともマクラーレンが追いつくか?。またはアロンソの大逆転はあるのか?。

 次回短い夏休みの後8月28日、ベルギーサーキット
 
posted by Z at 06:58| Comment(2) | TrackBack(0) | カー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しかし…私の知ってる選手が減ってましたね!(´・ω・`)

ミカ・サロとかデーモン・ヒルとか…でも片山さんは登山で話題になりましたね。(´・ω・`)
Posted by A(´・ω・`) at 2011年08月01日 08:08
A様
ずいぶん古いですよね(笑)。
彼らの意思は今、セバンチャン・ベッテル、ルイス・ハミルトン、フェルナンド・アロンソに受け継がれていますよ。
Posted by Z at 2011年08月03日 11:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。