2011年08月02日

F1 小林カムイ契約更新。来年もザウバーに。

40465_402.jpg小林可夢偉、2012年のザウバー残留が正式発表

 カムイ選手は来年F1でザウバーで走る事が決定した。
去年はザウバーから本格的に参戦、中盤以降からかなりのパフォーマンスを見せ、今期も連続ポイントゲットするなどファンを沸かせた。
 記事によればペーターザウバーはカムイと契約するのになんの迷いもなかったと発言。
カムイもチームで戦える事を誇りにしていると答えた。

 これからの日本人の標準

 過去何人もの日本人ドライバーがF1に参加してきた。
だか、正直ここまで活躍した選手は一人もいない。
あの佐藤琢磨選手でもここまで成績を残してはいない。
 では今までの日本人ドライバーとどこか違うのか?。

 それは彼の走りにムラがないのである。
今までの日本人ドライバーはイッパツの走りは速かった。だかレースは何十周と走るので、そのつどペースが不安定なのである。
 スーパーGTでも若手ドライバーはトップに出るとペースが崩れ、あわや抜かれそうになったりするのをよく目にする。プレッシャーに弱すぎるのである。

 だかカムイは常にひるむ事なく攻め続ける。
予選でQ3に出るのは少ないが、逆にペースを崩す他チームドライバーの隙をついて順位をあげてくるのだ。
あの鈴鹿のオーバーテイクや、今期のミハエルとの接戦もそうだろう。

つまりこれからF1参戦するにいたってカムイ選手並みの技術と強さが必要なのである。

 日本語のうまい人

 カムイ選手は他の日本人選手と違う所がある。
ザウバーの所にある記者が訪ねると、そこはミーティング中だった。
カムイ選手を中心にメカニックやエンジニアが車のセッティングについて話し合っていたのだ。
 その記者によれば今までの日本人選手でそこまでチームに溶け込んだ人はいなかったというのだ。
 またインタビューで彼はこんな事も言っていた「あまり日本人って言わないでほしいんだよね。できれば日本語のうまい選手という事で
 これがF1でやっていく秘訣なのだろうか…。
posted by Z at 19:23| Comment(3) | TrackBack(0) | カー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本田や長友もそうなんですけど、海外で活躍するためにはコミュニケーション力ってスゴイ大事なんですよね。
いくら実力があっても、チームで行動する以上周りとの話し合いってのは必然のものですから。
その辺考えると可夢偉は上手いことやってるなと思います。
来季も契約が更新されたそうなんで、さらにガンバってもらいたいものです。
Posted by 初瀬104 at 2011年08月03日 20:22
初瀬さんが私と同じでサッカー好きだからモーターレースに疎くても分かりやすくなってますね!(´・ω・`)

伊良部は英語出来なかったのは予想外でした。(´・ω・`)
Posted by A(´・ω・`) at 2011年08月03日 22:18
初瀬様
本当にコミュは重要ですね。
今までの日本人選手はその点だめだったのでしょうかね?。
そんな事はないと思いたいですけど…

A様
サッカーは私はあまりくわしくないです。
伊良部って英語できないのにアメリカ行ったの?。
Posted by Z at 2011年08月05日 06:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。