2011年08月09日

世界の借金大国ランキング



 世界の借金大国のランキングである。
米国は昔から双子の赤字を抱えており、またこの所の急激な円高ドル安の影響を受けてたちゆかなくなっており、最近ではデフォルト(崩壊)の噂まである。
 一方日本はそんな理由もないのに借金を抱えているのは、単に国民や政治家が官僚を甘やかしすぎ、また前政権の自民党が中国共産党なみに長い間政権でやってきた結果でもある。ケインズ的インフラ景気刺激策は一部のゼネコンとそれに関係する団体や個人にしか利益をもたらさなかった。そんな事を20年間繰り返した結果である。よくもまあ食いつぶしてくれたものである。
しかもこの10年間のうち公務員の給与は20%も上がっているのである。景気が後退し、税収が減少しているにもかかわらずである。

米国の政府閉鎖

 今年4月11日、オバマ大統領と共和党下院議員が政府閉鎖1時間前に歳出カット政策で合意した。
 政府閉鎖とは議会で予算案が通らなかった場合、資金に底がついて運営できなくなり、政府機関を閉鎖する事である。これによると公務員の給与や最悪年金の支給までとまる可能性があり、国民の生活にも大打撃を与え、国家の国際的信用も低下する。

 95年から96年クリントン大統領時代に予算案で共和党と激しく対立、政府閉鎖に陥った。この時政府機関や公共施設、パスポート発行、社会保障給付、恩給まで停止になり、20万人に影響が出て、さらに毒物処理機関が閉鎖され後に公害など大問題に発展した。

 今年4月はその繰り返しをさけるためお互いぎりぎりの線で妥協したのだか、これも広くみれば国民の議論の結果なのである。

 ところが日本では…

 足のひっぱりあい

 実際日本では国民の短絡的な判断によって自民党が参議院の議席を多数取らせてしまい、ねじれ国会にしてしまった。結果自民党、民主党のねじれ国会になり、お互い足のひっぱりあいになり、改革がスムーズに行われなくなっている。それだけでなく東日本大震災の復興の足かせさえなっている。
 しかも両党の政策の違いはあまりなく、自民党は民主党のマニュフェスト阻止する事で政治的に点数を稼ぎたいだけなのである。だか国家をここまでにさせたのは言うまでもなく自民党である。

 どちらも消費税の増税しか考えていない。だかそれを今行えば消費は抑制され、景気はたちまり冷え切り、もはやデフレスパイラルところかブラックホールのように脱出できなくなってしまうのである。

 また特別公債法案を審議中なのだか、これが通らなかった場合11月には資金が提供できなくなり、日本初の政府閉鎖に陥ってしまう。

 知識防衛

 特別公債法案はおそらく可決成立すると思われる。
しかし、二年後の13年には借金がついに1000兆円にふくらむ。アルゼンチンやギリシャのように破綻してもおかしくない事態に陥る。
 そうなれば公共サービス、年金、医療から治安、防衛関係まですべて停止してしまい、国民の生活も困窮するだろう。中国に経済的にのっとられてしまうかもしれない。

 それでも政治家には期待できない。
実際自民党は官僚機構と密着だったし、国民は民主党に期待したが裏切られた。今後どの政治家が総理になっても官僚機構を打ち破ることはできないだろう。それは戦前の政治家が軍部をおさえられなかったと同じ様に
 
 我々国民として生き残る方法は、海外に逃げるか、中国語を覚える等知識防衛が必要になるだろう。
これからは政府や政治家の言う事をまともに信じては駄目という事だ。おそらく私が65歳になっても年金はもらえないだろうから、今でも貯金にせいをだしている。
それもこれからデフレの反動で大インフレになり、円が紙くず当然にならないという前提だか…

 
 
 
 

 

   
posted by Z at 23:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Yさんも言ってましたが日本の借金はなくならずにどんどん増えるでしようね







年金を受け取る年齢に達する前に亡くなる人がほとんどじゃないですか
?


Posted by 923 at 2011年08月10日 22:19
923様
そもそも年金受け取る事ができるかどうかだよね。
悪い事言わないから貯金しとけ〜w
Posted by Z at 2011年08月11日 08:22
日本は借金帝国だからね…つうか、無駄に給料泥棒が多いから…政治家とか…つまらんタレントとか…もう役に立たないベテラン選手とか…(´・ω・`)

特に政治家の中には寝てる奴もいるし…(´・ω・`)
Posted by 甘楽(´・ω・`) at 2011年08月12日 02:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/219356299

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。