2011年08月30日

F1 ベルギーGP ベッテルが数戦ぶり優勝



 F1後半戦がついにスタートした。
場所は古戦場ベルギーのスパサーキット。

41934_402.jpg天候が安定するなか決勝がおこなわれ、レッドブルのベッテルがタイヤトラブルに悩まされながらもオーバーテイクを繰り返し、数戦ぶりに優勝した。
2位はおなじチームのマーク、3位にマクラーレンのバトンが入賞した。


 サウバーのわれらのカムイ選手はマクラーレンのハミルトンと接触し、12位まで後退した。

41950_402.jpgうそつきハミルトン

 今回ハミルトンはカムイとの接触について「彼がぶつかってきた」と主張した。
しかしTVでみるかぎりあきらかにハミルトンがカムイ選手によってきてぶつかってきているようにみえる。まさに中国の漁船が海保の巡視船にぶつかっといて謝罪と賠償をもとめているような態度である。
 
 それにたいしてカムイもはっきりと反論する(ここはどこかの国とは違うのだか)。
「彼の方が速いのは誰もわかっていた事だ。なのに彼は僕を抜いた後なのに急によってきて、回避できなかった」
そして今日になって…

42034_402.jpg「可夢偉に謝る。100%僕にクラッシュの責任がある」とハミルトン
 
 上記の記事のように自分の主張を覆している。
だったら最初からそういう風に言うなっていうの。

 ハミルトンはうそつきなのは全世界中が知っている。
彼は09年開幕戦の時、当時トヨタチームの前をはしっていた時、イエローフラッグがありペースをわざと落とし、その上で「彼が勝手に抜いた」と言った。
だかそのうそはすぐにばれ、その結果ロン・デニスが責任をおいチームから離脱し、ウィットマーシュに変わるなど大事件に発展した。
 今回ウィットマーシュは立場上ハミルトンを擁護しているが、実際の所ハミルトンとの関係は良好とはいえず、今回余計な問題をおこしてくれたなというのが本音だろう。
 このままいけばハミルトンはチームとの溝が生じ、来年は別のチームでF1をやるか、はやい引退を余儀なくされるだろう。

 次回9月11日イタリアGP(まさか911と重なるとは…)。
 

 
posted by Z at 01:42| Comment(2) | TrackBack(0) | カー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニュースで読んでましたが、そういう経緯があったんですか。
こういう時に反論できる可夢偉はまだまだやってくれそうですね。

しかしながら、GTとF1の日程がバッティングするとは。
まぁイタリアと日本だから偶々ってのが当然の見方なんでしょうね。
Posted by 初瀬104 at 2011年08月30日 20:12
初瀬様
そうなんですよね。
なんでこの日にバッティングするかな…。

いろんな意味で今年の911は忙しくなりそう。
Posted by Z at 2011年09月02日 15:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/223096891

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。