2011年08月30日

スーパーGT 真夏の鈴鹿決戦 ウイダー2勝目

1105r1vimg03.jpg21日、スーパーGT真夏の鈴鹿決戦は、タイトルにあわず雨の中で行われた。

 最初GT-R勢でポイントトップのSロードGT-Rが好スタートを切ったが、王者でワークスチームのニスモGT-Rが追い抜きトップにおどりでる。
だかイエローやピット戦略などでHSV-10やSC430勢がスピンして脱落していくなか、ウィダーがトップになり、そのまま優勝した。

1105r2vimg04.jpg一方GT300勢はガライヤ、ハンコックポルシェ、レガシィの三つ巴の戦いが始まるが、途中でガライヤがコース上で炎上してリタイヤ。ハンコックとレガシィの一騎打ちになり、なんとかレガシィが勝ち抜いて優勝した。

 初音ミクカー健闘

1105r1vimg08.jpg今回の結果をみるだけで、GT500はいまだGT-R勢のSロードがトップをキープしている。
その後ろをウィダーHSVがなんとか追いかけているが、差はなんと16も離れており、コンストラクチャーを取るには難しい状況である。
 しかもGT-R勢は唯一ワークスのニスモがこの結果3位に転落して名も地に落ちてしまった。
普通は逆の立場でありありえないのだか。

 HSV−10はウィダー以外はみんなから周り。それと同じ事がレクサス陣営にも起こっている。
特にレクサスではクラフトの脇坂寿一選手が最下位になっており、長いスランプに陥っている模様だ。

1105r2vtop.jpgGT300はレギュ改正後国産車が有利になり(というより有利になるように仕組んだ)、今回レガシィが勝利をもぎとったものの順位に大きな変動はなかった。最初のアドバンテージが大きいのが響いているようだ。

 このレースで4位にジムゲイナーのフェラーリ458が4位、初音ミクカーが5位に入っているため未だ1、2位をキープ。しかもポイントも8と接戦を展開している。
まだ初音ミクカーにはタイトルを奪取できる位置にいる。
さらにハンコックポルシェが3位に入っているので要注意である。

 次回フジはこちらも911決勝(なんでこの日にモータースポーツが重なるんだ?)
 

 
posted by Z at 03:15| Comment(4) | TrackBack(0) | カー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの雨の中やってたんですね〜。
ドライバー、ワークスの皆さんはホントお疲れ様です。

そう言えば、うちの職場のオバちゃんの中にもF1好きがいまして、「鈴鹿は今年も観に行く」って意気込んでました(笑)。
Posted by 初瀬104 at 2011年08月30日 20:09
電話帳のデータ消えましたあせあせ(飛び散る汗)

うろ覚えでメールしましたが届いてないみたいっすねあせあせ(飛び散る汗)

Posted by 923 at 2011年08月31日 01:14
初瀬様
元気なオバちゃんですね。
でも今の日本にそういう人が重要なんですよ〜。

923様
なに〜?電話帳消えた?。
しょうがないな〜。
今週土曜日の7時〜8時くらいにフジに行く予定なので、これるのなら来てくれ。
Posted by at 2011年09月02日 15:09
フジは休みの日中にしかもう行けてないですね。


さいきんはは朝から仕事して終わるのが夜の9時とか11時です

今日も仕事です
Posted by 923 at 2011年09月03日 18:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/223105092

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。