2011年10月07日

スティーブ・ジョブス亡くなる



 PC業界に偉大な業績を残したスティーブ・ジョブスはアップルの創業者で、近年アイフォンを大ヒットさせたが56歳で世を去った。

 私も以前印刷・デザイン業をやってDTPにかかわったのでこの人物の事はよく知っている。
昔はマックの専門誌を毎月購入しては真剣に勉強したものだった。
 
ジョブス2.jpg彼の足跡を簡単に説明するならば、友人と二人でアップルを創業し起動に乗ったものの、ある程度大きくなると経営陣と対立して解雇されてしまう。
 だかそこでへこたれる彼ではなく「株式会社ネクスト」をつくるが、数年で破綻。
それでもへこたれずさらに株式会社ピクサーを創業。映画「トイストーリー」で世界的大ヒットさせこのまま大物映画プロデューサーかと思われたら、最初に立ち上げたアップルから救世主として呼ばれた。

アイマック.jpgそこで彼はアイマック、アイブックシリーズを世に送り出し、やがてアイフォン、アイパットで世界的ヒットを飛ばす。
まさにPC業界のカリスマ的な存在だ。

 いっしょに仕事したくない人

 私は専門誌で彼の記事をよく読んでいたから、だいだいの事は知っている。
兎に角ワンマン。経営手法もアップダウン式。部下から「独裁者」「総統」と揶揄されていた事は有名で、人格者とはほぼ遠い存在だ。

 部下、クライアント、依頼先から隣人(自宅にヘリポートまであり、ヘリの音が苦情につながった)にいたるまで兎に角揉め事が尽きない。間違いなくアップルの一番のトラブルメーカーである。
 こんな話もあった。

タイムズ.jpgあるカメラマンが取材の為ジョブス氏の元を訪れた。だか彼は撮影の仕方とかやり方にいろいろ注文をつけ、「なんでこんな効率の悪い仕方をするんだ!!」としかった。
カメラマンはとても仕事にならずジョブス氏に「私は人の気持ちを絵で表現しようとしているのです。それを理解してもらえないのは残念です」と言って帰ろうとした時ジョブス氏が呼び止め
待て。私が悪かった」と謝罪。その後はカメラマンの言うとおりのポーズを取りスムーズにすすんだとの事である。

 上記のケースはごくまれで、ほとんどの場合人の話を聞かない。
外からの営業がくれば疑問点をいくつも上げなら捲し立て、相手を翻弄する。
 「会談が終わった時涙がぽろぽろ出た」と女性の営業が当時話していた。
自己主張が強すぎてついてくる部下はほとんどいなかったという。
これを聞いた私は「すごい人だけど一緒に仕事したくないよね〜」と思った。

 禅の心得

 NHKのニュースにジョブス氏が「禅」に興味を持っていた事が紹介されていた。
たしかあやしい新興宗教にはまっているという記事は見た事はあったが、それが「禅」だったのだろうか?。
その中で彼が一番気に入っているのが「初心」だそうだ。彼の初心はどういう物だったのか知りたい物だ。少なくとも我々一般人と違い、会社を立ち上げた時の情熱の事だったのではないかと推測する。
 
 スタンフォード大学でも「明日自分が死ぬのなら、面子や野心は取り除かれ、一番大事な物が心にのこるはず。それを大事にして生きなさい」と演説した。たしかにこのフレーズは自己啓発セミナーでもよく聞かれる内容だか、「無心になれ」と通じる所があるかもしれない。
 
 彼がいなくてもアップルは人々を魅了するアイテムをどんどん作ってくれるだろう。
なぜならジョブス氏が常日ごろから「ハングリーであれ、馬鹿であれ」と言ってきたという。
彼はPC馬鹿であり、自分の好きな事に情熱を注いできた。
筆者も男は馬鹿でちょうどいいと思っている。馬鹿でしかできない事があり、そのおかげでいろんな物が発明されてきたからだ。
ゴルゴ13も「男なら他人が馬鹿な事だと思っていても最後まで遣り通す事だ。結果は後からついてくる」と最近の作品の中で言っている。
今の日本人に一番かけているのは馬鹿と言われるほど物に注ぎ込む情熱ではないだろうか?。
posted by Z at 02:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アップル社製品にはとんと縁がありませんので、個人的には文面のみの凄さしか感じ得ませんね。

よく言われることですが、一代で成り上がった経営者ってのはだいたいがこんなもんだと思いますよ。
どの分野にしてもトップを獲れる人間ってのはどこか偏屈なもんです。
日本の経営者にも多いですからね。

まぁまぁ、日本人に欠けているかどうかはわかりませんが、新技術であればまだまだ世界をリードする立場にあると思いますよ、この国は。
もっと自信を持っていいはずです。
Posted by 初瀬104 at 2011年10月13日 13:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/229279979

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。