2011年03月17日

Zの地震体験記

110311_1455~02.JPG地震当日、私は仕事の関係上舞浜にいて、遅い昼食をコンビニで取っていた。
最初は小さい揺れが長く続き、やがて大きなゆれがながくつづいた。電球が上から落下し、写真のように戸棚から商品がおちていった。
ゆれがおさまったものの建物がずれてしまいドアも開かなくなった

110311_1455~01.JPG地震直後浦安のいたるところから泥が噴出す。
埋立地特有の液状化現象だ。大規模地震だと地面の下の泥が地上に噴出す。この結果ライフラインは寸断され現在にいたるも舞浜の一部は水道が回復していない

110311_1504~01.JPGアスファルトが裂け、下から泥が噴出す。
倉庫街だったのでこの惨状では大型トラックは通れない。
さらに信号機も停止し、交差点では混乱と渋滞が所ところ起きていた。

SN340173.JPGディズニーから避難する観光客。
ディズニーの近くに大型のスポーツ公園があり、一時避難する事になった。
実はディズニーのいたるところにも亀裂が入り、泥が噴出していたのだ。
夢の国も泥の上にたっていた訳である。

SN340175.JPG翌日舞浜から歩いて脱出するディズニーの観光客達。
せっかくの楽しみだったのにがっがりした表情が見て取れる。
だか震災の規模の大きさはそんなものではなかった。

私は浦安にすんでいる会社の同僚の所で一晩とまり、翌日彼らといっしょに浦安に。そしてそのまま東西線で帰宅した。その日の会社の仕事はなし。現在も自宅待機をさせられており、ニコニコのNHK生をずっと観ている

SN340176.JPG写真ではわかりずらいが、奥のほうで電柱がほぼ同じ方向でまがっている。じっさい東京タワーのアンテナも曲がっており、きっとあのまま放置なんだろう。
これでもまだネット、電気が繋がるのはおどろきだ。

SN340178.JPG店舗はいまだ閉まったままだ。
液状化でライフラインが寸断され、ガス、電気、水道が寸断したままだ。
この街が元にもどるにはもう少しかかるかもしれない

帰宅した私にまっていたのはグジャグジャになった部屋だ。
pcは倒れ、テレビもおしゃか。あつめたミニカー(といってもトミカじゃないからな。精密モデルだかなね)もおちて壊れ、本は全部棚からおちた。
PC復旧に数日かかり、今はかたづいている。
だか試練はまだはじまったばかりだった(つづく

posted by Z at 18:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

「総理大臣になってほしい」と思うアニメの知的キャラランキング

「総理大臣になってほしい」と思うアニメの知的キャラランキング

 先日NHK特集「なぜ日本人は戦争へ向ったのか」(4回シリーズ)のリーダー達の迷走が先日放送された。
 当時首脳部でも対米戦は無謀である事は認識していた。しかし現地軍の暴走や陸・海軍の組織的確執など等から重要な決定を先送りにした結果、日米関係は悪化の一途を辿り開戦に突入してしまった内容だった。

 この番組の冒頭でも今の日本のリーダーをどう思うかという質問に「リーダーシップがない」「指導力・決断力がない」「軸がずれている」と一般人が答えていた。だかこれは現代に限った事ではなく、日本は戦前から同じ体質だったのである。

 当時の戦前の日本は軍部が政治に深く介入し、外交、内政を取り仕切っていた。しかしドイツ・イタリア・ソ連のような軍事独裁政権ではなかった。つまりそれでも戦争になったのだから、戦争の原因がかならずしも専制国家だからとはいえないのである。

 話を戻せばもし漫画のキャラクターが日本の政界に出て行けば、それは人気はうなぎのぼりになりあっという間に総理の席に着くだろう。だか彼(または彼女)がまっているのは常に決断と各組織や派閥のしがらみなのだ。

 このようなランキングが出てくるにはもちろん日本の政治に期待できないからであるが、それはどの国の国民も現政権に不満を持っている訳で、聞けばキリがない。

 またこのサイトから別の方向から見ればわが国は真の独裁者を望んでいるとも受け取る事ができる。二次戦前のドイツのヒトラーも単なる情熱的改革思考者だった。そして彼は経済政策でインフレ・失業率を解消させ国民の大半は彼を支持するようになる。そして議会の永久解散になっても彼の支持は変わらなかったのは、強力な指導者、リーダー、新しいカイザーを手に入れたと国民は思い誇りに思ったのだろう。
 つまり漫画のようなヒーローがもし現実に出てきたら、わが国はその瞬間から専制国家にかわってしまうおそれがあるのだ

images089.jpgもし、アニメのキャラが総理大臣になるのなら間違いなくこの人物だろう。
「銀河英雄伝説」の主人公ラインハルト・フォン・ローエングラムである。
 まずしい貴族出身で姉を皇帝陛下に取られてから友人キルヒアイスとともに復讐する。幼年学校、士官学校を首席で卒業し、各前線で功績を挙げ、ついには艦隊司令官になる。やがてアスターテ会戦で自分の倍する敵艦隊を包囲網完成前に各個撃破しついには元帥になる。
敵が3000万の戦力で帝国領に侵攻してきた時、焦土作戦で敵を飢えさせ自壊させアムリッツァ会戦で壊滅的打撃を与える。その直後皇帝が死去した為、7歳の新皇帝を擁護するため軍務宰相になる。
その後反皇帝派の貴族連合を討ち果たし、ついに帝国宰相にまでのぼりつめる。
敵国である自由惑星同盟を奇策で打ち破りついには皇帝にまでなりあがる。
 
 そう彼なら外交、軍事、内政どれも完璧超人であり、間違いなく米国、中国がおそれる人物になるだろう。
たしかに腐敗した官僚を一層でき、日本政治をドラスティックに改革でき、もちろん国民にとって善政をしいてくれるが、憲法は改正され議会は永久に解散状態になる。もちろん彼が天皇にとって皇帝になるので今までの日本の伝統的政体もなくなる。あらゆる銅像は打ち壊され西郷隆盛や坂本竜馬も壊される。
また彼は野心家だから結局は戦争になるだろう
戦力の充実をはかり(核兵器や原子力潜水艦を大量に建造するだろう)韓国、北朝鮮それぞれを謀略で自壊させやがて日本に併合、中国は内部分裂させて肩入れし、北方領土も武力侵攻で奪還、ロシアの北方艦隊を華麗な艦隊戦で打ち破り、樺太南半分まで奪ってしまうかもしれない
さらに今後来るだろう米起動艦隊を太平洋の日付変更線で打ち破り、ハワイを占領。そのままロス、サンフランシスコ、シアトルを占領し…。ってどこの提督の決断だ!?。 

 まあ結論から言えばたとえどんなヒーローがリーダーやったって専制国家にならないかぎり日本の政治は正せないという事。よってコナン君や出来杉がやったって日本の政治は変わらない。逆にいえばAKB48が内閣を組織してもうまく政治がまわってしまう皮肉な状況なのである。

yoshiki_tanaka.jpgしかし田中芳樹も「銀河英雄伝説」でラインハルトのライバルで若き同盟軍元帥ヤン・ウェンリーが言っているように「悪行の民主国家の方が善政を敷く専制国家よりまし」と結論付けている。
なぜなら今は善政をしいている独裁者がいるとしよう。しかし彼の気分しだいで政策ががらりとかわってしまう事もありえる。また彼の死後も善良な独裁者が出てくるとは限らないからである。
 だから今の日本の政治は北朝鮮や中国と比べればそんなにひどいとは思わない。むしろ過激な個事を言っている連中(石原や田母神のような戦後派)をよく押さえ、尖閣諸島は中国と根気良く対応していると思われる。
少なくともあの堕落した自民党政治を国民が選挙によって打破できたのはいい事だと思っているし、民主党が駄目ならば別の政党に入れればいいだけの話である。
漫画のヒーローが出てくるまでの話ではないのである

posted by Z at 20:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スーパーロボット大戦を語ろう ガンダム編

無題G.bmpスーパーロボット大戦で重要なメカといえばやっぱりガンダムであろう。
バンダイの主力商品であり、80年代の代表的SFアニメの象徴でもあり、エヴァが登場するまで不動の人気を誇っていた。

 ただスーパーロボット大戦のガンダムはあくまでリアルロボットで、アニメみたいにバカ強くはなかった感じがする。
特にRX−78は特に強力な火力がある訳でもなく、いちばんつよくてガンダムハンマーだったような気がした(こんなのが格闘武器としてあるなんて…連邦は何を考えているのやら…。これでよくガンダムドリルとかなかったよな…
今日のスーパーロボットがあまりに強力すぎるのでさすがにニューじゃないと対応できないのか、それとも逆シャアがいまだ人気高いからか、ユニコーンにあわせてなのかはわからないが、今回の破界編はいきなりニューが登場するようだ。それでもニューをいくら改造してもアムロの能力を引き出すまでには至らない。

mst_z.jpgむしろ今回アムロの能力を最大に引き上げるのならゼータにのせて、ハイメガランチャーを最大に上げた方がいいかもしれない。ニューは武器や性能あげてもムダに等しいのだ。
カミーユはそれこそニューか、マーク2でもいいのではと思ったりもする。カミーユもシナリオ分岐でいなくなってしまう事が多いため能力を最大に引き上げる事が難しくなっている。

結局の所スーパーロボットの方が元々の能力が高い為、また敵側がさらに強力になっていく為リアルロボットに能力を上げる事が難しくなっていく。またリアルロボットのキャラはスーパーロボットと比べると個性が薄いためあまり目だたない存在が多い。
このアンバランスを解消しないかぎりゲーマーの不満は解消されないのではと思われる。

20100208_1189983.jpg同じニューでもこっちのニューの方が私は好きだ。左右バランスのあるファンネルの位置、ブルーと白のスプラッター塗装が新鮮だ。
そうなるとシャアのMSもサザビーかた例のあれにかわってくるのかな?。
というか逆シャア編もストーリーに組み込まれているのだろうか?。だとするとアクシズ落としを防ぐミッションがある訳で…。
う〜ん妄想がどんどん広がっていくな〜


posted by Z at 11:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

シャア声優・池田秀一、30年経過し「シャアは弟」

シャア声優・池田秀一、30年経過し「シャアは弟」

 この記事は初瀬さんの所にもあったんですけど、私が池上氏で一番印象あるのは「哭きの竜」の主人公竜なんですよね。
すげーかっこいいし、はまり役だとおもうんですよね。
台詞一つ一つに重みがあるし、シャアとはまた少し違う陰気なキャラです。
とくに「それ、ロンだな」という言い方が印象的だ。
でも竜の着ているシャツも赤いな… 
 



哭きの竜 1 (近代麻雀コミックス)

哭きの竜 1 (近代麻雀コミックス)

  • 作者: 能條 純一
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 1986/02
  • メディア: コミック




哭きの竜外伝 1 (近代麻雀コミックス)

哭きの竜外伝 1 (近代麻雀コミックス)

  • 作者: 能條 純一
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2005/11/07
  • メディア: コミック



posted by Z at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風邪も全快! 桑田佳祐、10年ぶり地元・茅ヶ崎で復活熱唱

img_1497212_60184399_1.jpg風邪も全快! 桑田佳祐、10年ぶり地元・茅ヶ崎で復活熱唱 「生きて故郷の土を踏めた」

 去年食道ガンと聞いて驚きとともに「ああやっぱり…」と思った。
彼はヘビースモーカーだったと聞いていたので、そのせいでガンになったのだろうと思った。
あれだけタバコ吸いながらもよく肺がもち、声もだせるな〜と思ったものだか、こうなってしまったのは喫煙者の宿命であろう。
 
 食道ガンは食道を切り取ればだいだい大丈夫だか一回の食事の量が少なくなるし、回数も増える。抗がん剤を飲まなければならないし、副作用がきつい。
そして体力がかなり落ちる。ライブやっていた時にもどるのはかなり至難といえるだろう。

しかし桑田氏には沢山のファンが支えてくれる。そのファンの為に彼はこれからも渋くて熱い歌を熱唱してくれる事だろう。

今日は桑田氏の奇跡の復活を祝福する意味でこの歌をお送りします。
奇跡のほし(地球)」。画面は静止画ですがいい曲です。
これってスーパーロボット大戦のPVに使えないかな(渋い絵を中心に)。



 
posted by Z at 14:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

納豆カレー

納豆カレー.jpg

 なんと茨城県ではこんな物を販売していた。
ご当地カレーということで「水戸納豆カレー」。
一体なんでこんな物をというと、去年の年末今は亡きカワミディさんがプレゼントとして買ってきてくれたのだ。
これはひょっとして「横須賀海軍カレー」に対抗して造ったのだろうか…。
 なんでもこのキャラクターにはちゃんと設定があって、キャラクター名は「なとか」ちゃん(ってどんな名前の付け方だよ。親の顔がみてーよ)。
愛するご主人様の為にドジっ子なとかちゃんは健康的な料理として納豆カレーを考え出す…と、なんかへんなストーリーもついてくる。
 よーするに萌えブームにのっかって売りたいんだロー!!という商品だ。
しかもレトルトにしては525円と少し高い!!。
いったい茨城のどこにいけばこんなもん売っているんだろう…。
去年コミケットスペシャル水戸があり、そこを狙っての商品だったらしい。

 実際食べて見ると、なんと納豆の匂いが強い強い。インドの癖のあるルーをつかったような感じである。味はふつう。中辛だか普通より少し辛い感じである。
まあ食べれない事はないのでこれならご主人様もよろこぶんじゃないなとかちゃん


水戸納豆カレー
posted by Z at 13:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

スーパーロボット大戦を大いに語ろう。初登場「装甲騎兵ボトムズ」

090114-001-001.jpg今回破界編で一番楽しみにしているのがボトムズの登場である。
TV放送が終了して数十年たってもいまだに人気があり、なぜスーパーロボット大戦に出てこなかったのが不思議なくらいんおネームバリューを持った作品である。
この作品こそリアルロボットの頂点といってもいい(それにくらべガンダムはあまりにファンタスティックすぎる)。

 ストーリーはアストラギウス銀河で二大軍事勢力ギルガメスとバララントの戦いは100年にも及び、両陣営は疲弊していった。そして戦争終結直後ギルガメス軍一兵士だった主人公キリコ・キュービィーは味方の基地の襲撃の任命を受け、そこで素体とよばれるプロトワンを見てしまう。
その為か彼は作戦終了間際味方に裏切られ殺されかける。
 軍の憲兵隊に捕まった彼には拷問がまっていたが、彼は隙をついて脱出、宇宙の最果ての惑星ウドに身を隠す事になるのだか…。

 全50話あり、打ち切りにならず最終まで終わった(そういう意味ではガンダムよりはるかに上である)。
1話から13話までAT同士の闘技場での対決を中心としたウド編、ベトナム戦争を彷彿させるような内容の「クメン編」、途中宇宙船でキリコの過去をほりさげ、その後砂漠戦の「サンサ編」そしていよいよ物語の確信でありキリコ出生とアストラギウス銀河の最大の秘密をふくんだ「クエント編」の4部構成になっている。
 そしてストーリー全般でキリコの詩篇的な台詞の言い回しがよりリアルをましているように思える
 
 dna.jpg使い捨ての兵器
 ロボット物としてはめずらしく使い捨てにするのがこのボトムズの特徴といってもいい。
普通ガンダムなどのロボットは主人公やまたそのライバルにはかならず専用機があり、しかも必ずといってもいいくらい格闘専用だったりする。
 だかこのボトムズにかぎってはキリコは特にメカにたいする執着がないのがどんどん使い捨てにする。
場合によっては敵側のATに乗って戦ったりするので、逆に言えば使えるものはなんでも利用する現実主義者でもあり、そのあたりはゴルゴ13に似ている。
でもそれがリアルなのでいい。どんな兵器だろうと所詮は使い捨ての消耗品。だから使える物はなんでも使い、壊れれば捨てるだけ。それがリアル(現実)での戦場での兵器の立場なのである
だから誰々専用というのは騎士道精神にのっといてはいるがけっして合理的ではないのである。

キリコはゴルゴほど合理主義でもない

 一見クールのように見えるキリコだか、案外不器用でロマンチストでもある。
ストーリーの大半は愛するフィアナを守るために戦っており、その身を犠牲をもいとわない。そういう意味ではゴルゴ13ほどではないが、逆にキャラとしても魅力といえよう。
 惑星サンサではフィアナが薬物が切れて体が硬直化して動けなくなってしまいキリコの足手まといになるのをこばんで「私をおいていって」と願うのだか、そんな彼女にキリコは「冗談はよせ!」といい、彼女を抱き上げると「俺は糞真面目な男なんだぜ!!」と言って聞かない。キリコのこうした不器用な所がかえって人間らしくて好きである。そしてこのシーンがボトムズシリーズ全般を通して一番好きである。
こういう所が随所にちりばめられているので、今だに人気があるのではと筆者は思っている。

images.jpgスーパーロボット大戦としてのボトムズ。
今回ついに初登場するのだか、本当に小さい。小さいロボットとしてはオーラバトラーとかあったような気がしたがそれよりも小さかったのではなかったような気がする。
しかもオーラ力とか超能力的な物がない超リアルロボット物だけに、あいてがバガでかいロボットや宇宙怪獣相手にどこまで戦えるのは疑問であるが、筆者としてPS(パーフェクトソルジャー。プレステーションの意味じゃないですぞ)の能力でどこまで補えるのか楽しみでもある。
ATの能力を最大限にもちこんでも最終戦まで戦えるのか疑問だか、まあやってみようかなとおもっている。今回二部構成なので後半戦にデータ持ち越しを考えれば育てても問題はなさそうであるが…。

最後に自分にとってのボトムズの名シーンをひとつ。朝日を背に立つ二機のATのにらみ合いはジョン・ウー映画のようでかっこいいと思うのだか…









装甲騎兵ボトムズ 孤影再び  [Blu-ray]

装甲騎兵ボトムズ 孤影再び  [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray





装甲騎兵ボトムズ 孤影再び  [DVD]

装甲騎兵ボトムズ 孤影再び  [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD





装甲騎兵ボトムズ DVD-BOXI

装甲騎兵ボトムズ DVD-BOXI

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



posted by Z at 17:09| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

第二次スーパーロボット大戦Z破界編



第二次スーパーロボのPVが手に入ったのでぜひ確認してください。
posted by Z at 22:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

スーパーロボット大戦を大いに語ろう。 真ゲッターロボ

banvi11.jpgスーパーロボット大戦でなくてはならないキャラといえばやっぱりマジンガーとゲッターでしょう。
 どちらも日本のスーパーロボットの代表格であり、いろんな作品に影響を与えてきたのだから。
わたしも小さい頃調合金の玩具をもっていたような気がする。

 今回紹介するのがゲッターシリーズのOVA第一弾「真ゲッターロボ 世界最後の日」です。
ストーリーはゲッター線という未知のエネルギーを開発した人類はあらたなる繁栄をもたらすはずだった。だか、そのエネルギーの強さにひかれたインベーター達が月を侵略。次は地球の侵略をうかがっていた。
人類側はゲッターロボを中心としたスーパーロボット軍団を結成。長く壮絶な戦いの末インベーター軍を全滅させ月を奪い返した。
だか月日が立ち、ゲッターチームは解散し、早乙女博士が竜馬に殺された所からストーリーがはじまる。
 死んだはずの早乙女博士が蘇り、早乙女研究所を拠点にゲッターロボG軍団で謀反を起こす。防衛軍は出動するのだかごとごとく撃破されてしまう。
そこで政府は一度殺した事のある竜馬に早乙女博士の殺害を命じる。復讐に燃える竜馬はゲッター1に乗り込み単身ゲッターロボG軍団に殴りこみをかけるのだか…。

 昔の設定をうまくこなし、かつ衝撃的な内容になっているのがこのシリーズの特徴。
竜馬も漫画の設定に近くなっており、ボロボロの服に、いろんな銃器を持ち込み、ワイルドにふるまう姿がカッコいい
それとは反対にクールで陰謀に加担しているハヤト、弁慶達の個性的でよかった。
そして何よりも途中でOPの歌で水木一郎一人で歌っているのがすごくなつかしく、かつかっこよい。
今でも昔の仲間とカラオケ行くとき、必ず歌う。男だったらこの一曲でしょう

というより、ここまでやるかというくらいサービス精神のあった作品だった。

YNXK1ga7Oanlf7O6w5WUN5h3R28u8vpw.jpg破界編にOVAのストーリーが!?。

 筆者はゲームではかならず真ゲッターを使用。しかもわざわざ三機に分裂して戦場まで飛行し、「チェンジゲッターワン!!」と叫びながら遊ぶのが楽しい。
 今回発売される破界編のゲッターの戦闘シーンでうれしい事にOVAの設定になっている。
前からOVAの設定をつかえばストーリーも面白くなるのになと思っていたが、ついに実現する事になりそうだ。
ロンドベル隊は今まで戦った事のない最強スーパーロボット軍団と対決する事になるのだ。
はやく発売されないかな〜。
 下の動画はOVAシリーズで一番盛り上がった所。これぞスーパーロボット大戦にふさわしい戦闘シーンではないか。まさに名勝負であるので必見ですぞ。








posted by Z at 21:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AJINOMOTO





一度プレイしてみてください。
タグ:味の素
posted by Z at 01:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

コンタック600

無題.bmp
コンタック600はすごいね。
宣伝通りほんとうにすごく効く
 これを飲む前は病院の薬とか飲んでましたが、時間がかかる為診療代や薬代でそれなりかかりました。しかし、これをのむと数十分後にはせきや鼻水が止まり、以前の状態にもどりました。
これなら病院なんていらないやと思えるくらいです。
しかも眠くなる成分が含まれていないので、仕事も快適にできます。
 しかし値段がちょい高いので、良薬はにがしというように懐がこたえます
あとどういう訳か唇が乾燥してしまったり、喉がかわいたりする症状がでました。

でもこれならインフルも寄せ付けない威力があるので、お勧めです。これならいざという時につかえます
タグ:コンタック
posted by Z at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

風邪ひいた…

img_1458340_55756631_3.jpg

 うかつにも風邪を引いてしまいました。
今、ウチの職場は風邪とインフルがブームでして、すでに3人の犠牲者を出しています
それにしても毎年、毎年いったいどこからくるのかといえば、インフルにかぎれば中国大陸からくるようで、中国政府の陰謀でBC兵器類をわざと日本に流しているのではと筆者は勝ってに思ってます(さては孔明の策か!?)。

 熱ははかってません。もし熱があるとわかったら余計にだるくなって会社にいけなくなるからです。そのかわり、強力な助っ人としてコンタック600を購入。
常に戦場(といってもサバゲーフィールドだか)で死の隣り合わせの筆者にとって、かかせないアイテムになるかどうか?。まず明日から本当に効くかどうかこの記事でレビュ書きますので、興味ある人はついていってください。




posted by Z at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

RED

T0009429p.jpg


今日からから公開になった映画「RED」を紹介。
ブルース・ウィリスとモーガン・フリーマン競演だけでもすごいのに、ジョン・マルコビッチがけっこう濃いキャラやっているのも特徴。

 あらすじ

red2.jpg年寄りのフランクは規則正しい生活を送っていた。
彼の唯一の楽しみは社会年金保障で働いているサラとなにげない会話をすること。
ところがある夜、どこかの組織の暗殺部隊に襲撃をうける。反対に返り討ちにしてやるフランクだったが、誰かが自分の命を狙っているのは確か。
 しかも自分と親しくしていたサラまで命が狙われてしまった。
誘拐当然でサラを連れ出したフランクはかつてCIAの諜報員で、今回の事件は過去に関わった任務と関係があると推理する。
そこで情報収集のため、今は老人介護施設にいる元エージェントのジョーに協力をもとめる。ジョーの話によれば、最近NYタイムズの女性記者が殺され、それがフランクと関係するらしい。
 一方モーテルに閉じ込められていたサラだったが、若手エージェントのクーパーに反対に拉致されようとしている。そこをギリギリフランクがかけつけ奪還に成功する。
 二人はニューヨークを訪れ大学院図書館である人物達のリストを見つける。そのリストのほとんどが殺されていた。
敵の正体がCIAだとわかると、フランクは同じエージェントだったマーヴィンを訪れるが…。

20659_03_l.jpgこのREDは原作はグラフィックノベルだったもようで、ウィリス演じるフランクは超人ばりの活躍をする。またジョン・マルコヴィッチ演じるマーヴィンの銃火器に対する思い入れや、ヘレン・ミレン演じるヴィクトリアがあらゆる銃をぶっ放すシーンは爽快だ。どちらかといえば彼女はM16スナイパー仕様がメインらしく、女性版ゴルゴ13といったところか…。

映画的にはまあまあ。ただ筆者的には好きなシーンがいくつかあるのでそこは評価したい。

a

posted by Z at 23:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PSP次世代ゲーム機



 ソニーが次世代の携帯ゲーム機を発表した。
記事の内容をみてもらえばわかるが、PSPの後継機としてそれほど魅力的には感じない。
今回のソニーの次世代機はウリが弱い感じである。

 任天堂はメガネなしで3Dが見れるゲーム機を販売する予定にたいして、NPGはPSPの機能をただ拡張させただけ。形はたいしてかわった感じもしないから操作性もかわらなそうだ。
ただ今のPSPではグラフィックの表示など機能の限界もあるので、次世代機の登場はある意味必然なのだろう。

 たとえどんなにゲーム機が新しくなろうとも、人気のあるゲームがでなければ意味がない。
ここはもう少し様子見であろう。
posted by Z at 08:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

スーパーロボット大戦を大いに語ろう「勇者王ガオガイガー」

hatena.gif


 「このアニメはすげーよ
友人から進められたのだか勇者王と聞いてう〜んと思った。
スーパーロボットにはあまり興味もなく、どちらかといえばボトムズみたいにミリタリーでリアル思考の方に興味を抱いていた。
 しかしあまりにも熱く進めてくるので見て見たら、一発ではまってしまった。
シーズンの途中から見たのだか、アニメのクオリティのよさ、BGM、熱くかつ次回がになるストーリー展開、魅力的なキャラ、そしてサンライズ特有のメカの見せ方が非常によかった。

 あえて「α」の欠点を言うなら好きな機体が多すぎてどれを育てればいいか迷う事だろう。
真ゲッターも育てたいし、バルキリーの武器を強化したい。ビルバインもいい。
ジャイアントロボもいじくって見たい気もする。でも自分の愛機も手にかけなくてはいけない。
ガオも少ない予算をやりくりしてなんとかいじった気がした。
 特に敵オーラバトラーに「ディバイディングドライバー!!」と叫びながら突き刺す。
オーラーバトラーはガオより小さいから突き刺すだけで胴体ぶちきれそうな感じもするが、さらにそこにディバイディングドライバーで過剰なまでに殺戮するこの快感!!!あぶない、あぶない。これじゃあ勇者王じゃなくて殺戮王だ)。



B002Z3IO3A.jpgで、筆者の一番のお気に入りはガオよりキングジェイダー
ソルダートJが「フュージョン!!」と叫んで変形するシーンは今みてもカッコいい!!
だか筆者はこの機体をあまり使った記憶がない。ひょっとしてスーパーロボット系にいかなかったからかもしれない。
結局本作でガイとJの対決はあったのだろうか?(OVAは見てないのでわからんが)。
それはそれで無念なんで、久しぶりにαを掘り起こして見ようかなと思ってたりする(やる時間が少ないのだか…)。



posted by Z at 06:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

スーパーロボット大戦を大いに語ろう。第一回「ヒュッケバインMk-II」

110113-101-001.jpg


 今年でスーパーロボット大戦が20周年になり、記念すべき年にZ2が4月に販売される。
今回はボトムズが初登場。あれだけビックネームを持ちながら今まで登場してなかったのは不思議110113-101b-thumb-323x400-932.jpgだか、もしかったら一番に育てるのはキリコとスコープドックだな(後から強敵が出てきてきつくなるのだか…。否!!、PSはこの俺様が作り出すのだ)。

 さて実は筆者もスーパーロボット大戦にはけっこう思い入れがある。
第三次はストーリーもよくて、特に敵味方のキャラがなじみあるので「なつかしいな〜」とおもいながら遊んでいた。
またシチュエーションもよく、ここって時に高揚感を高ぶらせる演出もよかった。今思えばマシーンの能力に制限あったにもかかわらず鬼のようにこだわりをもっていた開発陣に感謝したい。
 今では戦闘シーンも超派手で、オジの私としては帰って見ずらい感じもするが、それでもここまでやるのは開発人のそれぞれのメカに対する愛着があるからだろう。

abb3d6163301c702df2c001bb4e96cb1.jpgシリーズで一番気に入っているのはやはり「α」である。筆者の大好きなメカがほぼ全部おさまっている。まさに理想のジャスティスリーグ。
 ここからは筆者の記憶をたよりに書くので、間違いがあったら後でコメをください発言の責任は筆者にあります

 リアルロボット編(みたいなのがあったような気がした)で最初に主人公(またはアバター)が登場したのがヒュッケバインMk-IIだった。
ここではこの機体の製造過程と性能は省かせていただく。ウィキにも掲載されているしね
薄淡いブルーグレーの機体、地味な性能はまさにリアルロボットの王道だった。アバターに自分の本名を書き込み、「この世界に俺はいるんだ」と勝手に妄想し、一生懸命整備して、性能をあげていった記憶がある。

b0074593_19373196.jpgだか途中でマクロスが出てきて、バルキリーや19、21を中心に性能を上げる事なり、予算がたりなくなってくるなど結構大変な時期もあった。
 ストーリーが進むにつれ性能も向上し、急にかっこいいBGMに変わったり、相手に対する攻撃のシチュエーションがカッコよくなり、ますます愛着がわいていった。いつしかスーパーロボットに相手の体力を削り、おいしい所を愛機でしとめるような事までやった。
 恋愛みたいな機能もあったけどクスハ(だったっけ)にフラれたりと現実と同じく女に縁のない筆者だか、華麗なストーリー展開の割りに地味なエンディングだったのが返って印象的に残った。

 実はスーパーロボット系はやっていない。なぜならオリジナルロボがあまりカッコいいとはおもわなかったし、当時アニメでもリアルロボット系にはまっていた私には興味の対象としてなかった。
だか、この二作品で再びスーパーロボットの熱い思いが蘇ってきた。
それは二回目で紹介したい。
posted by Z at 07:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

ザックジャパン 初の公式戦はドロー

110db405-c689-4819-9e4c-a7847421d8d2.jpgザック残念…引き分けに「スピード遅い」/アジア杯

 ザックジャパンの初の公式試合となるヨルダン戦で1−1のドローとなった。
筆者はサッカーの事はよくわからないが、この試合をテレ朝で観戦。前半一点入れられ、後半ロスタイムでなんとか追いつき、そこで試合終了になった。

すくなくとも負け試合ではないし、ロスタイムでもあきらめずヘディングシュートを決めた日本をほめたいが、次のシリア、サウジ戦しだいで予選突破できるかどうか微妙になってきた。

ボールの支配率やシュートの数は日本が圧倒的だった。対してヨルダン側はたった二本しかシュートをはなっていない。なのに点数を取ることができなかったのはヨルダン側が日本側にスペースを与えなかったからだか、「相手のいやがる事をする」というのが勝負の世界の鉄則。日本側もこの事は十分に予測していただけにそれを崩す事ができなかった事が今回の要因のようにも思える。
ザック監督も「スピードが遅い」と評価しているし、吉田麻也選手も記者会見で「闘莉王さんなら3点くらい取っている」と言って試合内容はあまりよくなかったと思っている。次のシリア戦までの課題といえよう。

サウジアラビアがシリアに敗戦! 日本はグループ2位タイに/アジア杯

 サウジアラビアVSシリアでシリアが2−1でグループBトップになった記事。
たしかサウジの方が強かったような気がした。ヌマミディさんの情報によればサウジは金で欧州の優秀な監督、コーチ、選手を招き代表を強化している話を聞いた。
しかし今回のこの結果により、日本とヨルダンは二位、最下位にサウジという順番になった。これで次回のシリア戦がより重大になったと言ってもいい。シリアに勝てば首位になる。しかし負ければサウジ戦に最後の期待を寄せることになる。そしてヨルダンしだいでは突破不可能にもなる。
実際ヨルダンは以外な強さをみせたので楽観はゆるせない状況であろう

a0f11abe-9259-49de-9860-715530e2b69c.jpgサッカー=ザッケローニ監督、アジア杯は結果でなく内容重視

 ザック監督は試合前日の記者会見で弱気を見せた。
ずっと前の記者会見では絶対優勝だと言っていたような気がしたが、ここに来て方針を180度転換した理由を明かされていないが、一部報道では海外組が今回のアジア杯参加に難色を示しているとのあった。やはり報酬の低さがネックなのだろうか?。
 内容を重視すると監督は発言しているが、今回の試合の結果はあきらかであり苦しい状況においこまれたようにも見える。次の結果次第でザック監督や代表チームがメディアからボロクソに攻撃される可能性もあり、監督解任まで発展するかもしれない。

はたして次のシリア戦で勝利をもぎ取る事ができるだろうか?
posted by Z at 08:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

英退役空母の競売に香港の実業家が参加、6億5000万円で



 この記事ではホンコンの実業家が英海軍ヘリ空母「インビンシブル」を高値で応札している記事。
記事ではこの実業家は「今後の中英関係構築の為、学校かなんかの事業に役立てたい」と言っている。英国海軍も「偽装はとりはずすので文字通り抜け殻だけ買う」として軍事的影響はないとしている。
しかしそれは本当だろうか?

 中国の空母開発に活用する為

 「インビンシブル」は70年代後半に建造されたヘリ空母である。
英国議会では「空母不要論」が持ち上がり論争が巻き起こっていた時期で、ちょうど垂直に離発着できるハリヤー戦闘機が開発された事により、ヘリ空母として建造された。艦首にスキージャンプ台を設置してカタパルトなしで発進できるのが特徴。
 80年代に入りオーストラリアに売却が決定したのだか、フォークランド紛争が勃発して急遽中止
その後艦隊の防空能力不足からいくども改装が重ねられてきたが、2010年大幅な軍縮の影響をうけて退役。オークションにかけられることになった。

 この空母は厳しい予算制限のため商船とおなじ設計がなされている。そしてこの艦のすばらしい特徴としてフィン・スタビライザーを二組備え、シーステー7というもっとも荒れた海でも艦載機の離発着が可能な安定性を保つ事ができる

 この部分や機関部など現在中国が開発中の空母になんらかの技術が使われるのではと懸念するのである。
香港の実業家も実はダミー会社で、裏で北京が糸を引いているのではと筆者は想像しているのだか…
そうでない事を祈りたいですね。
posted by Z at 17:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮サイトにハッキング

ハッキングか、北朝鮮サイトに誹謗中傷

 北朝鮮のサイトに誰かがハッキングして体制を誹謗する漫画を掲載した記事。
やられた北朝鮮側はかなり激怒しており、ウェブ閉鎖など含めたなんらかのリアクションがあるのではと思われる。
今のところ犯人やハッキングの進入経路は不明だか、専門家によれば韓国、米国から中国サイトを経由して行われたのではないかとの推測もある。
posted by Z at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。