2011年01月07日

米空母艦長、空母内で不適切なビデオ上映でクビ



 米空母エンタープライズの艦長が同性愛者を馬鹿にしたり、女性兵士のシャワー入浴シーンを入れた自作ビデオを艦内で上映し、海軍省で調査した結果「あまりにも無責任すぎる」という事で艦長をクビになった話。
 もとトップガンの卒業生で優秀なパイロットだっただけに非常に残念な結果になり、彼のキャリアはここで終わる事になる

 人種差別にきびしい米軍

 ここ数十年米軍は人種差別にたいして厳しくなってきた。
女性兵士や黒人だけでなくヒスパニック系や東欧からの移民さえも志願するようになってきて、米軍はいろんな人種で編成されるようになった。
また世論も人種差別に過敏に反応し、ちょっとした発言でも大騒ぎする。

 95年沖縄で小学生女生徒が海兵隊にレイプされた事件で、当時の在日米軍司令官が「そんな事するくらいなら女を買えばいいのに」と発言し、日本だけでなく米国でも非難轟々になり、数日後に解任された。あわや日米同盟に亀裂さえ生じてしまう大問題に発展した。

 そういう事もあるので最近米軍でも教官や上官たちは口はきびしいがそれでも差別用語はさけるようになってきている。

 日米同盟に影響

 海軍の士官はどこの国でもスマートなものである。視野は広く、知識も豊富、それでいて合理的でいて紳士的な態度。だからどこの国の海軍士官はカッコいいし人気もある。だか全員がそうではないのは確かではある。

 確かにどんな組織にも欠陥はあるが、この場合は許容範囲を超えている。
私自身同性愛は否定的だからこの艦長の気持ちはわからないまでもないが、やりすぎだと感じる。
こういう人が約3800名近くのクルーを束ねているのかと思うと米海軍に不信をいだかずにいられない。
 現在日本に多くの在日米軍や第七艦隊の寄港地があるが、この艦長みたいな人達が運営している米海軍を信用してもいいのだろうか?。
 反対に足を引っ張られて中国や北朝鮮にいいようにやられてしまうのではないだろうか?。
そういう意味でも管政権にはもう一度日米関係を見直してもらいたいものなのだか…(当の本人はやる気なし…)。
fullsize_ncc1701.jpgエンタープライズは太平洋戦争時はヨークタウン級2番艦空母として就役。太平洋戦争全般を戦い抜いた最優秀武勲艦。だか戦後いきなりスクラップになってしまったが、世界初原子力空母の名前として再び復活を遂げる。
 あのスタートレックの宇宙戦艦の名前もここからきた。
もしカーク提督はああいう人物だったらさぞがしファンはガッガリしただろう
posted by Z at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

千葉ロッテ業績好調。赤字幅減る!?

a11c5fe8-aac8-41bf-aecb-df21f69e0ef3.jpgロッテの収入、過去最高の80億円 赤字20億円に削減

今回はガワミディさんが熱烈に応援している千葉ロッテ球団が80億円収入があり、赤字も20億円に留まったという話。

 この球団は儲かっているのかそうでないのか正直私にはよくわかりません。
ただ80億円も収入があってもまだ20億円の赤字があるというのは全体的にマイナスという事なのかもしれません。
 サンスポの記事の中では「日本シリーズ進出に伴う収入や、約4億2400万円といわれる西岡の大リーグ移籍に伴う入札金額、選手全体の年俸も約5億円削減した」と記載してありました。シーズンを3位で終了したにも関わらずプレーオフで奇跡の大逆転優勝し、史上初の快挙をなしとげたにもかかわらずです。選手達の気持ちはどう思うのでしょうか?。普通だったらやる気なくすのではないでしょうか?。
でもそれだけこの球団には金がなかったのです

 2008年球団はすでに30億円の赤字を抱えており、5年契約だったバレンタイン監督との契約を4年に変更しました。
ところがこれがファンの怒りを買い、09年の退任騒動に発展するのであります。
 95年バレンタイン監督がはじめて日本のプロ野球にやってきてロッテを指揮、10年ぶりのAクラスになりました。ここでファンは一気に増えて来年こそは優勝と期待。ところが広岡GMと対立し彼を解任してしまうとファンは再び球団から離れ次の年のロッテも成績も低調になってしまいました。96年に広岡GM・江尻監督は解任されます。
これの繰り返しをファン達は恐れていたのです。

 しかし09年は瀬戸山球団代表が社内会議で「千葉のくだらないファン」と発言したと記載された議事録が流出する騒動などが起き退任騒動でゆれにゆれ、チームの成績は低迷。結局2年連続Bクラスの5位でシーズンを終了しました。
これによりバレンタイン監督は解任され、後任に西村徳文さんが監督になりました。
この年も経費削減の為那須野巧、斉藤俊雄との交換でエースの清水直行を横浜へ放出。さらに橋本将はFAで、早川大輔は金銭トレードで横浜へ、ブライアン・シコースキーが条件が折り合わず西武へ移籍、他外国人選手(ベニー・アグバヤニ、チェイス・ランビン、ゲイリー・バーナム・ジュニア)も全員クビになりました。

 こうしてむかえた2010年でしたが、最初は好調だったものの荻野貴と唐川侑己の主力の故障や夏場の金泰均の打撃不振などが続き、交流戦以降は徐々に成績も下がっていきました。
しかし今の日本のプロ野球はかならずリーグ優勝する必要はなく、3位まで入っていればチャンスがある。最後の3試合を怒涛の勢いで連勝すると。プレーオフで最初は西武を、そしてソフトバンクを打ち破り、日本シリーズで中日と接戦の末これも打ち破り優勝したのです。

 にもかかわらずさらに選手達の年棒を押さえなければならないのはなぜなのでしょうか?

トイレ直して…ボロボロ千葉マリンに1億円の“お年玉”

 この記事は地元企業でファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するスタートトゥデイの前沢友作社長(35)が個人のポケットマネーとして1億円を寄付した内容。

 マリーンズは過去最高の業績を上げながらも自分達の球場の保守費用もだせないありさまらしいようです。私は前沢社長がぽんと1億円出した事よりも、観客席はおろかトイレまで直せないほど金に困っているとはそこまで金がないのかと千葉ロッテのひどい惨状にただ驚くばかりです。
瀬戸山球団代表が言う「千葉のくだらないファン」のせいなのでしょうか?。それともドラッカーがいうマネジメントに問題があるからなのでしょうか?。またはビジネスモデルに問題があるのでしょうか?。

今年最初の話題としてもう少し景気のいい話はないもんですかね?
posted by Z at 23:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

中国 火星探査乗り出す



 中国がロシアと共同で火星探査機を打ち上げるという話。
すでに有人衛星の打ち上げに成功しており、中国はアジア一の宇宙技術を有している。
日本はハヤブサで有頂天になっている時ではない。

 冷戦時代から続く火星探査
  
 アメリカとロシア(当時ソ連)では冷戦時代から積極的に火星探査に乗り出していた。
当時アメリカとソ連の覇権主義時代であり、それが宇宙にも拡大していった。
ソ連が初の有人衛星を打ち上げれば、アメリカも続き、アメリカで有人で月着陸すればソ連は月の裏側に着陸するなど競い合った。
 火星探査も積極的でソ連は何度も打ち上げに失敗するが、1971年マルス2号が火星軌道にはじめて乗る。しかし着陸機を投入するが失敗し、人類初火星のゴミを投棄する事になる。その後も何機も送り込むがどれも短命で通信途絶してしまう。当時ソ連の電子技術は非常に劣っており、あと少しという所で機能停止してしまうのである。

300px-Opportunity_-_Cratera_Eagle.jpg一方米国では1964年マリナー4号が火星の写真撮影に成功しており、以後バイキング1号で火星に着陸、はじめて地表表面の撮影に成功している。
2001年に2001マーズ・オデッセイ、スピリット、オポチュニティが打ち上げられ、現在も火星周回軌道にのっており観測している。
今後NASAではマーズ・サイエンス・ラボラトリーとマーズ・スカウトを打ち上げ、火星探査で一歩も二歩も先を進んでいる

 一方我ら日本はのぞみが1998年に打ち上げられた。しかしトラブルがおき2003年12月14日に火星から1000キロ離れた所を最後に消息をたっている。それ以後のプロジェクトはない。のぞみが絶たれた

 ロシアも積極的に探査したいが資金がない。一方経済力をつけてきた中国は技術がない。この両者の利害が合致したのだろう。この前の中国有人衛星もロシアの技術提供のおかげなのである。
そしてこれからも中国とロシアはお互い積極的に協力しあい、火星探査に乗り出すのだろう

250px-Concept_Mars_colony.jpg火星探査の理由

 火星の探査の理由は様々だか、大国が一番狙っているのが鉱物資源であろうと考えられている。
火星の移住は夢がある。実際有人ロケットで唯一移動可能な惑星が火星だからである。
確かに地球に似た大気もあり水の存在も確認されているが、大気は薄く真空状態に近く、磁界が薄いので宇宙放射線にさらされやすい。重力も地球の3分の一しかなく、すくなくとも与圧服なしでくらしていけず、火星基地も宇宙船並の外壁と装備が必要だと思われる。
 そして地球では鉱物資源が枯渇してきている。
表面の7割が海である地球では鉱物を採掘できる場所は限られてしまう。だか火星に人間を送り込むのはコストが高い。
そこで一番コストを安くする方法としてロボットによる鉱物資源の探査、採掘だといわれ、将来移住よりはロボットによる自動制御で鉱物資源を採掘、運搬されるのではないかと言われている。

鉱物資源獲得戦争はとうとう宇宙にまで飛び出す事になりそうだ
ラベル:宇宙 中国 火星 開発
posted by Z at 11:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

maitosi 毎年恒例コミケ冬の陣79(2010年)

 ハッピー・ニューイヤー!!
あけおめ。今年もよろしく。
本当はこの記事昨日上げる予定でしたが、コミケのつかれと寝不足、そしてカクテルでねてしまいました。
まあいつもの事なんで気にしない。気にしない

 毎年恒例コミケット79に参加してきました!。
今回はほぼ計画通り事を運び、朝3時半に起床し、シャワーを浴び、カタログ等かばんに突っ込み、京葉線の始発の電車の飛び乗りました。
 ここさすが参加者がうなぎのぼりになっているせいか、自分の駅にも同志を見かけるようになりました。
 そして新木場で下車し、臨海線のホームに下りるとすでに多くの人々でごったかえしてました。始発でこんなに込むのはこの時期だけなんだろうな…と思いながら、なんとかホームから落ちないように気をつけながら並ぶと、すぐに電車が入ってきた。
信じられないことにホームから零れ落ちそうになるほどオタクがぎっしりいたのだか、なんとほぼ全員乗れてしまった。もちろん中はギュユギュウ詰めだか…。

 臨海線始発は無事国際展示場駅に到着。
ホームの出口付近はスイカがあるにもかかわらずなかなかすすまず、10分くらい時間をかけてようやく駅を脱出。一路東館の入り口にあたる駐車場をめざす。
駐車場はすでに多くの人でごったかえしていた。大型バスまできていたのだから、きっとコミケ用深夜バスでもあるのだろうか?。
駐車場内にはいると列に加わり、外側にならんだ。その方があとで列から抜けやすいからだ。
どんどん前につめていき、順番に座っていけばここで長い小休止がまっている。8時半までに列が絶対動くことはないので、ここでトイレにいくなり、朝食を調達する事が可能なのである。
私はまずトイレにいき、それから朝食で鳥唐揚げ付き焼きそば(500円)を入手した。
屋台が何台もきていたが、どれも値段は7〜800円もして高い

101231_0614~01.jpgこの駐車場には瓦礫やこわれたビルがあるのだか、消防庁が毎年始めの行事に行う訓練であり、なんとスカイラインが瓦礫の下敷きに。何てひどいことを。いったい日産が何をしたというのだ!?。

 今回ポータブルDVDプレイヤーという新兵器を投入。これで時間稼ぎをしようとする作戦である。
まだ見てない映画を借りてくれば軽く2時間以上はかせげる戦法だ。この作戦はある意味うまくいったが、残念な事にこの作品は俺様的にはずしたのであまり面白くなかった。かえって苦痛がのこってしまった。
それでもあっというまに8時30分になり、カタログひらいてもう一度作戦計画を練り直し、どのようにサークルを回っていくか頭の中でシミュレーションする。

101231_1425~01.jpg午後9時50分に自分の列が動き出し、前の方に詰めていく。
その間に最低でも二回、気分悪くなって倒れる人が出てきて、スタッフを呼ぶ声が木霊した。
そして10時開演。列が一斉に動くと思ったら全然動かない。いや、動く気配すらかんじない。およそ数分の出来事だったが15分くらい長く感じた。
 そして列が動き出すとすぐに入場。さっそく東館の、創作系の、お目当てのサークルにいく。今年は夏コミいかなかったので、夏の分もかわなければならず、入場してからわずか数分で6冊以上の同人誌とひきがえにすでに8千円も失った(衝動買いに走ってしまったのだ)。
さすがに我にかえり、そこから先に買うか後に買うか判断する事になる。
その後はメカミリで先に買うか後に買うか判断しながら、中身をチェックしながら慎重に選んで購入。それでも合計1万7千円までいってしまった。夏コミいけなかった鬱憤のせいか衝動買いに走りやすかった。

 午後も昼食をとらずぶっ通しでサークルを見回る。さすがに歩きつかれたり喉が渇いたのでジュースをと自販機をみたらこんなのが販売されていた。
 紅茶なのだか一本200と法外な値段だ。だか聖地での販売だから買わないわけにはいかない。早速購入に飲んで見たものの
甘〜い!!!
本当に甘い。砂糖をどかどか入れすぎくらいにひどい。女の子は甘いんだよとちょっとエロイ事を考えながら(オジなんですんません)一気に飲み干すと買出し続行した。

101231_1441~01.jpg3時くらいにカワ、ガワミディさん達と合流するため西館の屋上にのぼる。この西館の屋上は企業ブースもあり、アニメのレア物商品狙いの人立ちと、コスプレ、それを写真取る人でごったかえしていた。
 コスプレ広場は昨年と違い参加者が多いと感じた。そのせいで写真撮影するスペースに限りがあり、みんなそれなり苦労していたみたいだ。いろんなコスプレしている人がいたが、なんのアニメのキャラか正直わからなかった。何周か回ってカワミディさんを発見合流する。
彼と打ち合わせした後再び買出しにいったがほとんどのサークルは店じまいしていた。完売してよろこんでいる所もあれば、まだギリギリまで粘っている所もある。
そんな所を探している内にタイムリミット。
午後4時閉幕し、みんなの握手で私の2010年は終わった。

 都の規制条例が可決したので来年どうなるんだろうと皆心配しながら帰っていった。
私は東京、千葉もだめなら水戸になるんじゃないかと予想していた。
すると皆が「遠〜い」とぼやく。

<コミックマーケット79>冬コミ最高の3日間52万人 最終日は20万人来場

 この記事によれば来年もかわらず有明でやる事が判明やったね皆。
これで少しは安心できそうだ。
でも都はなぜコミケを規制しなかったのだろうかと思ったりもする。
それはまた別の機会で書いて見たいと思う。
 2010年はろくでもない年だった。むしろ自分的にはマイナスで、失った物ははるかに大きい。せいぜい車が手に入った事が唯一だろう。
2011年はもうすこし運が上向きであってほしいと思うのであった。

 
 
posted by Z at 14:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

今年のミディの会は野球戦国なんでもござれ



 今年も最後が近づいてきました。
毎年恒例のミディの会が開催。某県某市某町のいつもの焼肉屋さんで行われました。
 
 今回グロミディさん欠席というアクシデントがありましたが、あらたにケチャミディさんと今回初の女性参加としてマスミディさんが加わり総勢6名になりました。
そこまではいいんだけど、結局いつものように盛り上がったのは筆者とカワ、ガワ、ヌマミディさんの4人だけだったような気もするが…(ごめんね。今度アニメなんか見とくよ)。

20101108172322.jpg初瀬さんの忘年会でもそうですが、うちも今回プレゼント交換しました。
今回女性も参加するので、あまりかたよらないプレゼントはないかと思い、ひらめいたのがあの大ブームになっている「もしドラ」。
iF、つまり架空戦記みたいな物だからありといえばありだか、そんでもマネージメントを改善しただけで野球チームがあそこまで強くなる訳ねーだろー、つか野球なめてないかという内容の本。
筆者は立ち読みで制覇したが、プレゼントにすればどんな反応するのかと思い、500円以上とさだめられたレギュを無視し、1600円で購入したのだ。
いざプレゼント交換で、じゃんけんで買った人かた引いていく事に。筆者はカワミディさんのを引き、私のプレゼントはなんとガワミディさんの所に。ガワミディさんがどんな反応するのかなとおもってわくわくした。きっと嫌な顔をするだろうと期待したのだか、事の他よろこんでいた。
「実は俺ドラッカーにはまっていた時期があるんだよ」とも。高校野球好きもあり、ちょうはまりだったようだ。なんだつまらん。

489737670X.jpg蛇足だか本屋でこんなもんをみつけた。もしドラの影響をうけてこんな類似本まで出ていた。
これこそ絶対にありえない話だ。
だいだいなんで女子高生がマッカーサーに興味をもつんだよ。しかも元敵国の将軍。もしそんな女子高生がいたら俺が殺す!!
次回のプレゼントこれにするかな?。

さて話題を元にもどし会場は野球の話で大盛り上がり。
今回ロッテが無事優勝したので乾杯はとうぜん「ロッテ優勝記念して〜」である。
ほんと良かった。巨人があんなていたらくを見せ、リーグ優勝をゆるし、さらにプレーオフを突破させてしまった責任は大きい。
もし中日が日本一になっていたら本当にどうしようかと思ったほどだ(中日はこれから一生あの負債を背負う事になる。覚悟しろよ!!)。

ヌマ:「ところでZさん」
Z:「なに?」
ヌマ:「またブログ更新してないでしょう?
Z:「いや、今月からまた再開したよ」
ガワ:「そうだよ、ちゃんと更新してよ〜
Z:「今年はきつかったんだよ。会社の研修で埼玉いったり、九州いったり…」
ヌマ:「はっきりいってZさんのモータースポーツネタはマニアックすぎてコメントできないんだよ
Z:「と、言うより興味ないんでしょう?」
ヌマ:「まあそうなんだか。もっと野球の記事を書いてくれ!!

それが問題なんだってば。だいだい野球の話といったて選手の名前すら覚えてないし、こまかいルールも知らないからかきようがない。だいだい野球選手9人は多すぎる。F1は現在10チーム20人しか走ってないから覚えやすいし。スーパーGTはGT500は全員覚えられるが、GT300は好きなチームだけである。
サッカーだと信じられない事に1チーム11人もいる(初瀬様すんません…)。

Z:「それにしてもよくそんなに沢山の選手覚えられるのね」

 するとヌマさんがあっけにとられた顔をして口を閉じてしまった。その時マスミディさんが会話に加わった。
マス:「ああでも。私戦国武将40人覚えられますよ
皆:「戦国武将!?

 まあ最近戦国物のゲームが男女ともにはやっているからね。男子向けには武将全員が女の子だったり、女性向けには武将全員がイケメンだったり。しかも最近の研究結果では実際の武将のほとんどはホモと判明。当時男同士の恋愛は高尚な趣味として盛んに行われていたとか…。
あの武田信玄も彼氏に詫び状を書いてあり、「確かに○○を誘ったが、彼は断ったので一緒に一夜床をすごした事はない。もしワシが嘘をついているのなら浅間神社の大仏様から罰がくだるであろう」と男子三角関係もあった事がつい最近判明した…。最悪だ…。なんだかもう殺したくなってきた(すでに数百年前に死んでいるが…)。

マス:「下手をしたら60人くらいかも(笑)
Z:「60人といったら1リーグ分だよな…」 
カワ:「どんだけ試合できるんだろう」
Z:「歴史に興味あるの?」
マス「いえ、イケメンに興味あるだけです(笑)」

 でもね、男は顔じゃないんだよ。心だよ。ハートだよとおじは言いたかったが、それだとかえって自分の顔が不細工である事を認めるようでなんとなく嫌だったし、モテナイ男の言い訳にも聞こえそうでそれ以上言わない事にした。
ああっそうだよね。やっぱ女の子にとっちゃ男を見るところはやっぱ顔だよね。そりゃそうさ。

 一方アニメでヌマさんが「ハルヒ」にはまっているとの事。
いまだ人気があり、あらゆるグッズが売れているらしく、ヌマさんは劇場版をブルーレイで買ったとか。セル画をブルーレイでみたって変わらないじゃないかと思わないでもないが、すこしでもきれいにみたかったんだろうなと思った。


これが劇場版の予告だか、はっきりいってこれだけじゃ何かなんだかわかんね〜
知っている人は知っているんだけどな。これって本当に面白いのだろうか…。
まあ今度気が向いたら見て見ますか…。

そんな訳で野球、プロレスからアニメまで多岐にわたって話しされ、閉店ぎりぎりまで盛り上がりました(焼肉屋さん毎年すんません)。
今度は新年会を企画。次回は別の店もいいかなと思ってます。
ラベル:ミディの会
posted by Z at 12:43| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランスフォーマー3予告編


トランスフォーマー3の予告編がついに登場。
もう撮影は終わっているらしく、今編集作業で大忙しらしい。
なんでも今回は初めて月着陸に成功したアポロ11号の話がからんでいるらしく、大きなストーリーになりそうである。

前作2ではあまりにアメリカ万歳でおもいっきり引いてしまった筆者だったが、今回もそんな内容になるのかな…

トランスフォーマー3の撮影シーン。
きっと3では壮絶な市街戦を展開してくれるのだろう。
まるでサバゲーしているようにも、PMCのデモンストレーションビデオをみているようにもみえる。
これらのシーンが本編でどのように編集されるのか、今から楽しみでもある。
posted by Z at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

トロン レガシー

10121602_Tron_Legacy_01s.jpg
10121602_Tron_Legacy_02s.jpg
10121602_Tron_Legacy_03.jpg現在公開中のディズニー映画「トロン・レガシー」を紹介。
 ストーリーは前作からの続編で、ケヴィン・フリンはある日息子と会社を残して消息をたった。それから20年立ち、息子のサム・フリンの所に知らせがはいった。父の友人アランのポケベルにケヴィンからの呼び出しがあった。しかも場所は昔父が経営していたゲームセンターである。
 サムは半信半疑ゲームセンターに向かうが、偶然地下の秘密の部屋を見つける。
そこにあるコンピュータ端末(PCとはちょっと違う)を操作すると、例のレーザー装置が動き出し、彼を電子分解して電脳世界の中に引き込んだ。
だかこの世界は父ケヴィンと同じ顔をしたクルーンが支配していたのだった。

前作から何十年と立っていて、ここにきてまさか復活するとは思わなかった。しかも最新3D映像となってである。
前作の設定を生かしながら今回テクノロジーの危険性と父と子など豊富なテーマになっている。
ストーリーはそれなりおもしろかったが、もっと3Dを意識した作りにしてほしかったたしかに臨場感あるけど)。


 
posted by Z at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

マクロスF完結編、来年2月に公開

01.jpg<マクロスF>劇場版完結編、第2弾のキービジュアルと予告編公開

 マクロスFの完結編が来年二月に公開決定したそうだ。

たしか、マクロスFはTVシリーズできれいに完結したと思ったが、まだ完結していなかったのか?。

あの昆虫怪獣バジュラとは和解できたんじゃないのか?。
いったいあのTVでのエンティングはなんだったんだろう…

でも戦闘機カッコいいから今のうちプラモ集めておこう

posted by Z at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

今年のアジアのクリスマスはいつもの年より熱くなりそう

漁船衝突で賠償要求=中国、韓国に抗議中国漁船と韓国の警備艇が衝突し、死人まで出た。
もともと中国漁船が違法しており、韓国側が取り締まりを強化すると警告したにもかかわらずである。
ここに中韓関係は一気に悪化。中国の韓国に対する経済制裁を検討し、韓国も同様の報復行動に出る可能性が出ている。

02_l.jpg中韓関係

 中国と韓国の関係は21世紀に入ってから急激に変化が生じた。
両国の国交樹立の時は63.7億ドルだったのに対して、04年には794億ドル。現在は約1000億ドルまで突破しているのではと言われている。
 北京ではヒュンダイのタクシーが数多く走り回り、韓国料理店も増え、行列をつくっているそうである。
今では中国にとって韓国は第一貿易国であり、韓国にとっては第三貿易国と経済的に強いつながりがありそうにみえる。
だか、両国の関係は必ずしも良好とはいえず、中国産のキムチに毒性の強い農薬を使ったとして韓国メディアが非難。それに大して中国メディアは韓国産キムチに虫がいたことを報道し、お互い罵り合っている
 
 また過去の歴史から大陸から何度も半島に侵攻された経緯があり、韓国人にとって日本と同様かそれ以上の憎しみを中国に抱いているらしい。
今回の黄海での衝突もその延長線上であろうと想像できる。

kor1011231752015p1.jpg北朝鮮との緊張悪化

 北朝鮮と韓国の小競り合いがここ近年増加してきた。
もともと韓国の警備艦が北朝鮮の不審船を撃沈した事に始まる。その報復として北朝鮮が機雷を施設し、韓国の警備艦を撃沈。そして先月の迫撃砲による砲撃戦まで展開される。
北も南もあとにはひけず、北は中国が、南は米国が支援するため、代理戦争になりつつある。

だか両国とも決して一枚岩ではない。中国も北がすでに核武装した為暴走を押さえられなくなっている。その北朝鮮も経済政策が失敗し戦争できる状態ではなくなっている。
 韓国と米国も同様で、在韓米軍の戦車が韓国の子供をひき殺し、地位協定で不起訴になったので関係が悪化
 結果的に南北両方の国の後ろたてがいないため戦争状態にまでいたってはいない

群雄割拠

 今アジアでは日本、米国、中国、韓国、北朝鮮がそれぞれバラバラ。
少なくとも日本と韓国は経済的結びつきは強くても、民族・歴史・政治的には間逆で特に竹島問題を解決できない限り連携は不可能だあろう

 米国としては日本と韓国、中国の関係正常化に戻したいと考えている。オバマ政権の外交的関心は中東とロシア、東欧州にあり、アジアで事がおこって軍事費増出になるので戦争を望んでいない。
だから尖閣諸島での海保の警備艇と中国の漁船が衝突しても、何の政治的支援をよこさなかった。そればかりか日本側に自重を要求、ホワイトハウスは同盟国を見捨てたと内外から非難された。

m93204.jpg中国としてはかなり有利な立場にある。かつてのソ連と違い経済的にも軍事的にもどの国よりも上回っており、その気になれば韓国、日本を押さえるのはたやすい。実際日本にレアアースの輸出規制をして圧力をかけ外交的勝利を手にしている。韓国とは北朝鮮と陸続きのため、兵力1000万をフルに使う事だってできる。
 通常兵器の近代化はここ10年で飛躍的向上し、アジアでまともな戦闘機を開発できる唯一の国である(高性能かどうかは別として)。

 だか、もう中国は昔の中国ではない。さすがの彼らも世界相手に大戦争をおっぱじめる訳にもいかず、しかもこれだけ世界経済と結びつきが強いとしがらみにとりつかれ、そう易々と相手に要求できないのである。

 そして日本は総理大臣がいきなり辞める今の政界では内外的に信用がない。管総理は軍事・外交は素人なので戦略的判断は出来ない事はあの漁船衝突事件での後処理をみればわかる。海保の隊員が映像を流出した理由が理解できる
軍事的にも米国のお伺いを立てないと動けないので5つの国で問題外である。

 韓国は防衛大臣も変わり、北からの軍事的圧力を跳ね除けなくてはならない。でなければ国民感情は現政権に厳しい態度をとるだろうし、北につけこまれる隙を作ってしまう。
実際韓国と北はチキンレースを展開しており、韓国側はどこで譲歩するか、そしてそのタイミングを計っているのだろう。
 韓国は日本と米国との連携がなっていない事もあって、単独で北、もしくはその先にいる中国と対決姿勢しなければならず、いちばん苦しい立場にある。

437042.jpg最後に北だか、単独で韓国に侵攻できる兵力、経済的基盤がないので、ギリギリまで交渉するだろう。
 彼らには核兵器という交渉を有利に展開できるアイテムがあるが、実際本気でそれを使う事ができるのか疑問である。
 彼らの目的は現在の金体制の維持であって、決して自国を崩壊させるような事はしない。
だからまちがって米・韓連合軍が北になだれ込まない限り核を使う事はない
だからこそ今まで戦争にはならなかったのだ。

20101224-00000735-reu-000-1-view.jpg今年のアジアのクリスマスは一番熱くなりそうである。少なくとも北と韓国は一触即発の状態であり、中国と米国は状況を見守り、ただ日本は怯えているだけである。
韓国は軍の実弾射撃訓練を盛んに宣伝し、北はさらなる警告を発して引き下がらない。
 管総理が先に「韓国の法人救出に自衛隊の派遣を検討したい」と発言したのは裏メッセージであり、韓国側に自重を促しているのである。実際今まで自衛隊がPKOでも戦闘エリアで活動した経験がなく、有事立法がないので戦闘エリアでの法的根拠に基づく戦闘活動ができない。よって半島有事になっても自衛隊派遣は無理な話である。

 後は両国が段階的撤退し事態が沈静化に向かってくれればいいのだか、もし判断や読みが外れた場合、最悪日本も巻き込む大戦争が起こる可能性は高いだろう。

posted by Z at 13:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

東京国際アニメフォーラム中止!?




images3のコピー.jpg石原知事の目指す日本は北朝鮮と同じ軍国主義にする事。さしずめ南の将軍様といった所だろう。 
 彼のような人間を戦後世代と言われる。
日本の右翼のほとんどは彼らの世代なのである。
いまだ戦前気分が抜け出せず、過激な事を言っては民衆を煽ろうとする。
いざとなったら他人を最前線に出し、自分は奥の部屋の安楽椅子に座ってゲーム感覚で戦争を楽しむ。度し難いにもほどがある連中なのである。

 その根拠となるのが昨年公開された「宇宙戦艦ヤマト復活編」である。
彼がこの作品の脚本をやっているが、やたらとキャラクターを特攻させたがったり、自己犠牲を強調する内容に終始している。
つまり彼の理想としている日本を「ヤマト」というフィルターを通して描きたかったと見ても過言ではないだろう。

 13日に可決した条例は憲法の枠から飛び出す可能性のある危険な物である。判断する人の解釈しだいでどうにでもなるし、戦前の「検閲」の復活以外なにものでもない。
そもそも有害と指定する本なら石原氏の今まで作ってきた作品はどれも好戦的な為、青少年にとって実に有害にあたるので、都の条例に則って彼の作品を追放するべきである。

 今まで多くの文化・美術的遺産は時の政治権力によって抹殺されてきた事は歴史が証明している。
検閲を復活させた彼に北朝鮮を非難する事ができるのだろうか!?

posted by Z at 04:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

お詫びと訂正

先日「F1のボス、サッカーチーム買収」で、買収されたサッカーチームはまだプレミアリーグ昇格してませんでした。まだ目指している途中です。
読者・関係者などに深くお詫びします。
記事はすぐにでも訂正させて頂きます。

筆者の早とちりが原因でして今後このような事がないよう努力します(多分ね)。

posted by Z at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

マイクロソフトがギャルゲー

台湾のマイクロソフト美少女キャラがついにギャルゲーになった! 台湾の本気を見た

 マイクロソフトがまさかギャルゲーを作ったのか!?。と思ったら、台湾のMSが作ったものらしいです。
もともとなんかのソフトを日本の萌え系にあわせ擬人化。所がすごい反響があり、とうとうギャルゲーになってしまったというどうしようもない話。

藍澤光(あいざわひかる)」がキャラ名だか、なぜ日本人名?。しかもそれでなぜか広東語でしゃべる(なぜ北京語じゃない?。というかどこから突っ込んでいいのかわからなくなった)。
 記事によればサクサクいけていいみたいだか、言葉がわかんねーという事で日本ではやるのは日本語ヴァージョンが出てからだろうと思われる。

いずれ初音ミクのよきライバルになるかもしれないので要チェック
動画は彼女の自己紹介のもの。最初はいい声だなと思って聞けたが、30秒位して何言っているかわからないためだんだんイライラしてくる(全部で2分49秒)。

posted by Z at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

2011年最新映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」

10112201_Battle_Los_Angeles_20.jpg2011年最新映画紹介。
来年4月公開予定「世界侵略:ロサンゼルス決戦」。

 1942年2月米国上空に突如飛来した円盤型UFO。当時第二次大戦だったが、UFOと初交戦、しかし当時の人類の兵器では歯が立たなかった
 それから数十年立ち、謎の侵略者達は世界数箇所の大都市に同時侵略を開始した
 
10112201_Battle_Los_Angeles_03.jpgそれはここロサンゼルスも例外ではなかった。
 侵略者達に対抗するため合衆国軍も出動する。
UH−47チヌークに搭乗した主人公の海兵隊員はロスに向かう。爆発の仕方が変わっているのは敵の兵器の影響のせいだろうか…。

10112201_Battle_Los_Angeles_17.jpg敵飛行兵器。トランスフォーマーの親戚か、もしくはゾイドなのか?、地上ではムカデのように不気味に動きビーム兵器で殺戮する。
この兵器は生き物なのか、そういう兵器なのか不明。
侵略者達はこの他にも兵器を所有しており、人類側を苦しめる

10112201_Battle_Los_Angeles_19.jpg米軍も猛反撃するが、ロス全体が戦火に包まれる
 激しい戦闘の結末はどうなるのか?。人類に未来はあるのか?。
エイリアンとの戦争を一海兵隊員を通してドキュメンタリータッチで描かれた映画。手法としては「クローバーフィールド」に似ていて体感できるようになっている。
邦題名はダサいが(英題がバトルロサンゼルスだったような気がする)来年の注目されそうな映画である。
予告だけで面白そうであり「スペースバトルシップヤマト」なんてかすんでしまう
なんで日本映画はこういうのを作れないのかな…

posted by Z at 14:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

スペースバトルシップヤマト



E5AE9FE58699E383A4E3839EE38388E3839DE382B9E382BFE383BCEFBC91.jpgあのキムタク主演で話題になったスペースバトルシップヤマトが12月1日公開された。
 観客動員数も多く、あのハリーボッターを押さえて堂々の1位を記録した。
男女の比はだいだい半々で、40代の男と2〜30代の女性が多かったらしい。

 当然私は見に行きましたが…。
感想はまだ後ほど。

ストーリー

 西暦2199年、地球は正体不明の異星人ガミラスの攻撃により人類は滅亡寸前だった。放射能除去装置をはるかかなたのイスカンダルへ取りに行く為ヤマトが出撃するが…。

img4bb2b564zikbzj.jpg感想
 昔のアニメを今風に実写で作ればこういう内容になるかもしれないが、正直微妙である。
やっぱり日本人特有なのか歯切れが悪いのが目立ち、緊張感が続かない。

 キムタクはどんな役をやらせてもキムタクで、他の作品のキャラとあまり大きく違わないのが気になる。それは小林旭の映画みたいなもので、どの役やらせても同じ感じなのである。筆者の知っている古代はあんな性格ではないような気がするが…。

 VFXはまあまあである。ただカメラアングル、見せ方、こだわりが足りない。
 ヤマトの船の巨大感があまり感じなかったし、空中戦も何がどうなっているのかわかりにくかったのが非常に残念である。

 ヤマト特有の白兵戦があるのはいいとしても、銃撃戦の取り方があまりよくない。臨場感がないうえ、誰がどこを撃っているのか、相手に命中して倒れているのか、敵はどのように打ち返してきたのかがわかりにくい。
 
 あとガミラスの設定が気持ちわるい。ガメラUのレギオンの親戚みたいな星人なのがすごく残念である。やはりデスラーはヒューマノイドタイプでマントを翻し、ヤマトに正面から戦ってほしかった。

 それでもいくつか見せ場はあるので全部悪いとは言わない。
だかラストはもったいない終わり方である。
売れ行きしだいで続編を作れたのではないかとも思うし、逆に続編を作っても初回の売り上げを越えるのは難しいと判断してあのラストにしたのかもと思う。

 ただ一言言わせていただくならこの程度のVFXとストーリーで世界に挑戦するとはおごかましい
ハリウッドのレベルはもっと高いし、スターウォーズはもとよりスタートレックさえ勝てないだろう。

もしこの作品に興味があるのならぜひレンタルでお勧めしたい


posted by Z at 08:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

エースコンバットファン更新 F2空爆シーン

エースコンバットファン久々に更新

今回は空自のF2空爆の貴重なシーンである
戦闘機ファンなら必見

P-DN-080410-03.jpg
posted by Z at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

ジョン・レノン暗殺 終わらない事件

Lennon_and_Chapman.jpg写真はジョン・レノン生前最後の写真。右側の男性がジャケットにサインを求め、ジョンは快く受けた。この右側の男性こそが数時間後にジョンを暗殺したマーク・チャップマンである。

 1980年12月8日ジョン・レノンがニューヨークの自宅前で暗殺された。40歳だった。
もし生きていたら、今年で70歳のいい爺さんになっていただろうが、ふけたジョンなんて想像もできない。

追悼ライブ:ジョン・レノン没後30年の命日、仙台で開催 /宮城

 ジョンの命日に仙台のあるカフェで追悼ライブをやり、そして平和を願ったそうである。
21世紀の最初の年にジョンの住んでいたニューヨークに9・11が起こり、ベトナム戦争の再現ともいわれるイラク戦争が起こった。
 100万人以上の人々がなくなり、結局米軍は撤退したが現地では今も混乱している。
米国本土も完全な警察国家になり、裁判所命令がなくても司法局が自由に盗聴でき、街のあちこちで警官があふれるように配置されている。
そしてアラブ系の人種差別が年々ひどくなっているとも言われている。

 アジアでも今年尖閣諸島問題や、北朝鮮の韓国領土の島に砲撃するなど戦火の足音が序所に近づいてきている。
ジョンがねがった平和な世界ははるか遠く離れていってしまった。

 天安門事件の時、広場の学生達はビートルズの歌を合唱したそうだ。
だか、今回ジョンのイマジンは米国、日本、中国、韓国、北朝鮮、イラク、アフガンに届いているだろうか?。

ビートルズに対す深い憎しみ

 この事件の裏にはFBI陰謀説など多々存在する。
なぜならジョンの世論の影響力がかなり大きいからだ。

 1971年イギリスのある新聞のインタビューでジョンはオルダーショット(英軍の陸軍訓練基地)の人種差別の英軍将校から脅迫されていたことをあかした。またKKKなど他の団体からもうけていた事を言っている。
だか、それにも負けず「人民に力を」のシングル版を出したり、MBE勲章を付き返したりと英国政府や権力層相手に対決姿勢をとっていたからだ。

 その原因もあってかジョン一家はやがてニューヨークに引越し、米国に移住申請をだしていた。
ジョンの英国での政治活動にたいしてベトナムでボロ負けしていた米国政府は危機感をつのらしたのは言うまでもない。
そこでFBIがマーク・チャップマンをそそのかしたのではないかという陰謀説があるのだ。

だか言うまでもなく根拠がない。そもそもFBIのエージェントが彼と接触したという事実が確認できないし、なぜマークをヒットマンにしたのかも不明なのだ。

images.jpgマーク・チャップマンは1955年生まれ、父は陸軍軍人、母は看護婦。父親は麻薬中毒患者だったらしく、母親ともども虐待を受けていた。学校でもいじめられ友人はいなかった模様である。
そしていつも心を閉ざし空想の世界で遊んでいたようである。
 そんな時、彼はラジオでビートルズに出会う。
彼らの曲にマークは熱中したようだった。だかジョンの余計な一言がマークの怒りを買った。
ジョンが「ビートルズはキリストよりも偉大だ」とコメントしたからである。この発言は当時の米国のカトリックなど保守層から厳しく非難をあびた。そして熱心なクリスチャンでもあるマークも同様だった。

計画的な犯行

 精神異常者なら突発的な行動に出るだろうが、マークの場合それとはまた違う。
マークは75年にジョン最後のライブにも観客席に見せている。彼自身何かを確認するために着たのではないかと推察する。
そして確認し、決心したのがそれから5年後である。マークにとってジョンはたんなる偽善者。金持ちで歌を歌いながら高級アパートに住み、言いたい事ばかりいっているジョンにしだいに憎しみが増していった。

 彼は父親が軍人だった事もあって、作戦の立て方や銃の撃ち方に心得があったとおもわれる。
その根拠として犯行当日に偵察行動に出ているからだ。
彼はジャケット「ダブルファンタジー」をもってジョンにサインを求めている。ジョンは快くサインした。さらにマークはジョンの息子ショーンとも握手している。
これは後にターゲットの顔と形を確認すると同時に現場の地形、警備状況を把握しているのである。

S%26W_Model_36.jpg犯行を行う為に使われた武器がチャーターアームズ・アンダーカバーという銃。チーフスペシャルの劣化版で低性能だか低価格。当然殺傷能力は低い。実際5発全部受けても助かった被害者は多い。
 だかマークはこの銃に選んだ弾丸がホローポイント弾だった。

 ホローポイント弾は凹状の弾頭になっており、人体に命中するとマッシュルーム状に変形し大ダメージを与える。この弾をこめれば飛躍的に殺傷能力が向上するのである。これも父親から教わったのではないかとも思われる。
 ホテルの一室でマークは一発一発丁寧に銃弾を込め、コートのポケットに入れた。そしてホテルのチェックアウトした時、記録簿に「ジョン・レノン」と書いた。
なぜマークが記録簿にそう書いたのかは彼自身に聞かなければならないが、筆者は彼の世間に対する皮肉だったのだろうと推察する。精神が病んでいるからとか、マーク自身がレノンとすりかわろうとしたのではという説などあるが、彼の前後の言動からみてそういった物が見当たらないので筆者は違うと思う。

 マークはジョンの自宅のあるダコダハウス前に目標を待ち構えた。事前の偵察ですでに警備が手薄である事は確認済み。彼はジョンがくるまでどうやって射殺するか何回もイメージトレーニングしていた。
 そして運命の22時50分。ジョンが仕事から帰ってきてリムジンから出てきた。
マークはポケットから銃を抜き出し、両手でしっかりとかまえ、全弾発射した。
この時マークは「ジョン?」と呼んだらしいが、後のマークのインタビューで彼自身そんな事言った事はないと否定している。私もマークの言っている事が正しいと思う。なぜなら事前に顔を確認しているからだ。
5発中4発が胸や背中に命中し、ジョンは「撃たれた!、撃たれた!!」と叫びながら倒れた。
マークはマンションの警備員に抑えられ、警察も数分後にやってきた。
最初の警官達はジョンをルーズベルト病院に搬送した。こともあろうに犯人であるマークを放置していったのだ。

 ここがFBI陰謀説の一因になっている所である。警官がなぜマークを逮捕せず、ジョンの病院への移送を優先させたのか?。それはマークの逃亡を手助けする時間を作ったのではないかと推察できるからだ。
 本当にFBI関与しているのなら、彼は逃げたはずである。さらにいうならナイフかもう一丁銃を持参して警備員の追跡から逃れる事もできたはずだ。
 でも実際彼は逃げずその場でウロウロしたり、持参した本を読んでいた。
そして次の警官が彼を逮捕した。その時の警官は「お前、自分で何をしたかわかっているのか!?」と怒鳴ったらマークは「すまなかったよ。君の友人とはしらなかったよ」とジョークでかわした。

 ジョン暗殺の本当の目的

 マークがなぜジョンをここまで憎んでいたのか?。そして犯行に及んだ本当の目的はとは?。
それはジョンの先にいる自身の父親に対する復讐だったのだろうではないだろうか?。

 先にも幼い頃から父親や学校の同級生から虐待を受けながら育ってきた。
当然ながら憎しみも積もり積もってきたに違いない。やがてジョンという存在が父親と同じ憎い敵になっていった。
そしてマークは父親から教わったやり方でジョンを殺し、さらに捕まれば、当然自身の家族にも非難が向けられる。それが逃走もせずわざと捕まった本当の理由なのではないだろうか?
その真の理由を悟られないためにJ・D・サリンジャー「ライ麦畑でつかまえて」を法廷で朗読したのではないだろうか。またはマークのライ麦畑で捕まえたのはジョンではなく父親だったのではないだろうか?。

 実際彼の家族はどうなったのかはわからない。だか世間から厳しい非難にさらされたであろうと推察はできる。
憎いジョンを殺し、同時に父親にも復讐ができる。これがマークの本当の目的だったのではないだろうか?。

 彼は裁判で有罪になり、ニューヨーク州バッファローのアッティカ刑務所で現在も服役している。
今世紀に入りマークは釈放申請を出したが、オノら遺族らが反対されている。

ジョン・レノン殺害犯釈放にオノ・ヨーコが抗議

 上の記事は今年に出来事であり、30年たった今でもこの事件は少なくとも遺族にとってはおわっていない事件である。
この結果マークが次に釈放申請が出せるのは2012年であり、それまで彼が生きているかどうかわからないのである。
アッティカにマーク宛手紙が沢山送られ、彼を非難する内容から、ジョンを暗殺した事について褒め称える内容まで多岐にわたったらしい。マークはそれらの手紙に目を通し、時々「面白い」とコメントしたとされている。
またレーガン暗殺未遂事件で犯人に対して「あれは僕を真似しようとした」とコメントしている(この事件の犯人ジョン・ヒンクリーもマーク同様「ライ麦畑でつかまえて」を愛読していた)。

 マークがビートルズの他のメンバーも殺害するというコメントがあるらしいが、これは保釈反対派が流したデマのような気がする。保釈申請する人間があえてそういう事を言うのはあまりに不自然であるからだ。

 刑務所のマークは模範囚で、態度もよく経過良好。なのに28年間も社会と隔離されているのである。無駄な税金をなるだけ減らしたい州政府としては彼を釈放したいのだか、事件の社会的影響の大きさを考慮すると容易に行えないのである。

 また釈放すれば熱狂的ファンや、マークを真似をしようとする輩から暗殺される可能性もあり、それがまた釈放できない理由になっている。

この事件はまだ終わってはいない
posted by Z at 15:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

映画「エクスペンダブルズ」

EP03.bmp今回は豪華アクション俳優勢ぞろいの話題の映画「エクスペンダブルズ」を大紹介。
監督・脚本はわれらがヒーロー、S・スタローン。
彼の呼びかけにおうじて、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ドルフ・ラングレン、そしてブルース・ウィリスやスタローンの永遠のライバル、A・シュワルツネッガーも出てくるのだ。そりゃあ見ないわけにいかないでしょう。

EP01.bmp物語は夜のソマリア沖から始まる。
海賊にシージャックされた貨物船の船員の救出に出撃したバーニー(S・スタローン)に率いられたエクスペンダブルズだったが、薬物依存症のガンナー(D・ラングレン)が暴走して銃撃戦になってしまう。
それでも海賊達を倒した彼らだったが、ガンナーは海賊の一人をつるし首にしようとする。
ヤン(ジェット・リー)が制止させようとしてガンナーと取っ組み合いになるが、バーニーが銃をガンナーに突きつけ止める。後にバーニーはガンナーをチームからはずした。

EP05.jpgそんな彼らに仕事が舞い込んだ。
カリブ海に浮かぶ小国で、軍事政権の将軍の暗殺を依頼する謎の男チャーチ(ブルース・ウィリス)。チャーチはバーニーの他、かつて傭兵仲間で今はPMC(民間軍事会社)の経営を営むトレンチ(A・シュワルツネッガー)にも依頼するが、トレンチは簡単に断ってしまう。
残ったバーニーが多額の報酬を条件に引き受ける。

EP04.jpg偵察にむかったバーニーとリー・クリスマス(J・ステイサム)。
サンドラという若い女性の案内役を通して、この国の実情と任務の困難さ、背後関係を知った。
一旦は断る事を決意したバーニーだったが、サンドラが一人島にのこって平和を取り戻すため戦おうとしているのに心が残っていた。

EP06.bmpエクスペンダブルズの仕事請負人でもあり、タトゥーバーの経営者でもあるツール(M・ローグ)。ツールはかつて自殺しようとした女性をわざと見捨て後悔している事をバーニーに話す。
それを聞いたバーニーは一人島にもどり戦う事を決意する。
だか、エクスペンダブルの仲間達は彼一人だけ戦わせようとは思っていなかった。

まさにジャスティスリーグ

EP07.bmpこの映画の為にスタローンは百回も脚本を書き直した。
またスタローンが直接声をかけて集結したのだから、この人の人脈もすごいだろう。
シナリオ的にはよくある内容だか、アクション重視に作られており、しかもそれぞれの役者にちゃんと見せ場を作って交通整理しているのでバランスがいい。
スタローンと元WWEスターのオースティンの肉弾戦、ジェット・リーやJ・ステイサムのカンフーやマーシャルアーツ、ランディ・クートゥアのプロレスなどあらゆる格闘技が一同に見えるのでものすごくお得感のある内容だ。
D・ラングレンのガンナーが薬中で、他の映画でクールでタフガイを演じてきたとはまったく別の役がかえって新鮮で、違った一面がみれてよかった。
またスタローンとジェイソンの掛け合いもいい。随所にブラック・ユーモアがちりばめられており、笑えるところもけっこう多い。
もし近くの人間で失恋して悩んでいる人がいったらこういってあげよう「タイプじゃなかったんだろ?

銃火器や装備はあの悪名高いPMCブラック・ウォーター(現在は社名はズィーになっている)装備なのでサバゲーマーでもにやりとしてしまう装備だ。
M4CRWからガバ、ピースメーカーにAA−17、FN2000と豊富にそろっている。
サバゲーでもこれらの装備をそろえてゲームに参加してみたい気分になる。

今回スタローン役バーニーはハンドガンナーで、ガバ(キンバー。すでにWAで商品化されている)でスピードリロードしているシーンがいい。あれはあれで特訓が必要で、けっこう練習でもしたのかなと思っている。
またジェイソンのナイフ裁きもみごと。投げナイフや切り裂き方が鮮やかで強烈な印象与えた。
フリッド役ゲイリーもすごく、ジェット・リーやジェイソン二人相手にマーシャルアーツでたたかっているのはカッコよかった。

というようにこの面子がそろえばたとえ相手がロシアや中国だろうと絶対負けないと妙な説得力がある。彼らがある国に戦争をふっかければその国の人口が半分に減っても不思議にも感じない
まさにジャスティスリーグなのである(日本で言えばスーパーロボット大戦みたいなもんだな)。

どこかのサバゲーチームでエクスペンダブルズ結成してくれないかな?。そうしたら即入隊するんだけど。もちろんBW装備で。
はやくDVDになれ〜!!
posted by Z at 01:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

日本、パラグアイ戦敗退。8強にもならず



 日本対パラグアイ戦は前後半決着つかなく、延長戦にまでもつれこんだかそれでも駄目で、PK戦でパラグアイが勝利した。
これでアジア組は全滅し、W杯は欧州組と南米組の一騎打ちになる。

高すぎる世界の壁

試合終了後の日本代表選手達の悔しい涙が印象的だった。
しかし全力を出し切った感じがよかった。
選手達はよくやったとい言うべきであろう。
少なくともW杯終了後少しはJリーグは盛り上がるだろうし、四年後のW杯にもつながるだろう。
4年前よりはすこし前進した感じだし、少なくとも内部紛争で自滅に近い形で終わったフランス代表よりははるかにましな展開である。
これでW杯4強めざすなんて言わなければもっと感動しただろうけど。
今回日本の決勝T進出はサプライズ(デンマークにとってはアクシデント)みたいな物だろう。

ここはあえて非難されるべき

日本代表はある意味恵まれている。
これがブラジルやイングランドだったら、決勝トーナメントまでいけても負ければ自国民に痛烈に非難されるからだ。
本当なら日本代表はマスコミにもっと非難されるべきである。
なぜならオリンピックのアマチュア選手ではなくプロだからである。プロは金をもらってプレイする。よって観客を感動させなくてはいけない。当然いいプレイができなければ非難されるのは当然であって、それもギャラの中に含まれているはずである。
W杯とてショービジネスなのだから(2010年の放映料は全世界あわせて約200億円動いている事を考えてほしい。これでもプレミアリーグの放映料の約10分の一なのだか…)
サッカーを本当に愛しているのなら鞭を打つ必要はあるのではないだろうか?

あまりサッカーに詳しくない私だか、これだけははっきり言いたい。
ここで「ここまで来たからもういいや」「決勝でれれば十分」と自己満足するのか?。それとも「やっぱり勝ちたい」「優勝してカップを持ち上げたい」と悔しさをバネにしてさらなる高みをめざすか?。この二択で4年後のW杯で日本代表の行方が決まるだろう。

岡田監督は公約通りW杯4強に入れなかった。彼もプロである以上その責任が逃れられないはずである。
中途半端な同情が本当に日本のサッカー界にとって本当にいい事なのだろうか?
すべては選択しだいである。
posted by Z at 12:22| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

ドイツ、大英帝国破る



さすが3度の優勝と4度の準優勝した欧州屈指の強豪チーム。
これで15大会連続準決勝進出というのだからうらやましいかぎいです。
日本なんか決勝トーナメント行くのかやっとというのに…

この試合で前半38分イギリスのフランク・ランパートが放ったシュートが認められなかったのが不思議だか、仮に認められていたとしてもドイツの勝利には変わらなかったであろう(気持ちの問題もあるが)。

そういえばドイツは前回も3位だったし、カーンなど優秀なキーパーを輩出しているし。
なんていったって男子だけじゃなく女子チームも強く03年と07年は二連覇しているというからすごいですよね。

日本もここまでサッカー強くなってほしいな…。
posted by Z at 11:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。